歌を歌う時、あなたは喉仏が動いていますか?普通に話をする時はどうでしょうか?
普段の会話の時は、あまり喉仏は動いていないと思います。ちょうどいい位置に喉仏がおさまっているということです。歌を歌う時にも、同じ位置に喉仏がある状態で歌えれば、喉が疲れにくいので理想的です。

しかし、喉仏がよく動くのに歌が上手い人もいるので、そういう人は上手く喉仏をコントロールしながら歌っていると言えるでしょう。
歌を歌う際に、喉仏を動かすことにメリットもあります。例えば、ビブラートをかけるのに、喉仏を上下に動かすことで上手にかけることができます。この喉仏ビブラートを使うことで、普通に歌うよりも声に深みを出すことができ、上手く聞こえるように歌うことができます。

声色を変える時も、喉仏を動かす必要があります。時と場合によって、いい位置に喉仏をおさめられたり、うまく動かせたりするのが、一番良いのかもしれませんね。

喉仏の動かし方として、喉仏を上げる時は唾を飲み込んだ時に喉仏が上がるのでその状態をキープし、下げる時はあくびをした時に下がるのでその状態をキープします。この練習を繰り返しすることで、思うように動かせるようになります。

そして、喉仏を動かす以前に、喉仏周りの筋肉をリラックスさせることが、最も重要なことになります。喉周りの筋肉がリラックスしていることで声も出やすくなりますし、喉や声帯を傷めずに発声することができます。

喉仏を下げて歌うのは間違いなのか

喉の開閉の動きはボイストレーニングにとって必要不可欠な要素ですが、よく喉仏を下げて歌うなどといわれていますが、果たしてそうなのでしょうか。

喉を開くときというのは高音域の発声時に喉を開く動作が必要になります。しかしながら人間の構造上、通常は、高い声を発しようとすると必然的に喉仏が上がってしまいます。喉仏が上がるとどういう状態になるのかというと、口の中のスペース(空洞)が少なくなってしまい、声の振動や共鳴がしにくくなります高音域を出すのに苦しくなります。表現としては声がつぶれたようになってしまう事が多くなるのです。

では、喉を開けばいいのかというと極論になりますが、開けばいいというものでもありません。発声方法というのはひとつの手段であって、声帯を自在にコントロールする事ができるようになると、さまざまな声を出す事が可能になりますのであくまでも喉を開く必要があるのは高音域を出すときのひとつの例えであって、喉仏が上がってしまう事から解放する事を目的とするのは口の中の空洞の確保だという事を覚えておいてください。

中には、つぶれてしまったような高音域の声を出したい方もいますので、喉仏を上げることなく下げて歌えというのは極論ではないかと考えます。

喉仏の上下の動作のコントロールが自由自在にできるようになる事が口の中の空洞の大きさをコントロールする事に繋がりますので、その結果としてさまざまな声が出せるようになると考えた方が正しいといえるのではないでしょうか。

喉仏を自由に動かせるようになる練習法

ボーカリストは喉仏を自由に動かす事が出来ます。
喉仏を動かせるようになると、綺麗な高音が出せるようになるので、その為に喉仏を動かす練習をしているからです。

ほとんどの人は、高音になるにつれて喉仏が上がってしまうでしょう。
すると非常に苦しそうな声になってしまう人も居ます。
これは喉仏を動かす為の筋肉が鍛えられていないからです。

喉仏を動かす為の筋肉を、胸骨甲状筋といいます。
この筋肉はボーカルなら絶対に鍛えるべき大事な筋肉です。

胸骨甲状筋を鍛えるためには、まずはこの筋肉の動きを自覚する必要があります。
喉仏に指を当て、色々な声を出してみたり、唾を飲み込んでみたりです。

だいたい自覚できたら、次は喉仏に指を当てたまま「ガッガッガッ」と発音してみましょう。
発音するたびに喉仏が下に動くのが分かると思います。

ガ行の発音は、舌を口の奥に押し当て息を発する事で出る音であり、胸骨甲状筋が最も緊張するものです。
喉の奥を大きく広げる感じイメージであくびの真似をするのも効果的です。

ここまで慣れてきたら、いよいよ喉仏を動かす練習です。

口を閉じ、舌が奥に引っ込まないようにし、喉の力のみで喉仏を下げてみましょう。
喉仏以外の部分は出来るだけ脱力し、他の筋肉にムダな力を入れないように注意しましょう。
動かせるようになったら、しばらく喉仏を下げたままにして負荷をかけてみましょう。
胸骨甲状筋がより良く鍛えられます。

あとは喉仏を下げたまま声を出す練習をしましょう。
声を出す事で胸骨甲状筋が強い緊張状態になり、効率的に鍛えられます。

喉仏を下げる筋肉

人前で歌いたいんだけど、歌というよりも声に自信がない、自分のか細い声が嫌になったという人は案外多いと思います。
高音を出せる歌手、またはオペラ歌手はいったいどうやって美しい声を発声しているのでしょうか?

今回は歌手がどのよう声をだしているか、少し分析したいと思います。
人に心地よい癒しのような声色を出すには、様々な要因が絡みあっていますが、もちろん「喉仏」も影響しているのです。「喉仏」
とは中間にある場所で隆起した箇所を指します。よい声を出すには喉仏の筋肉を鍛えねばなりません。

喉の筋肉をつけたときのメリットは、喉頭が下がることは、舌の奥が下がって口の中に空間ができ、共鳴部分をそのまま維持でき、
声量もまし、声にも艶がでてきます。
さらに声帯をコントロールでき、安定したリズム・音程を出せます。つまりよいことだらけんなんです。

鍛える練習は、「ガ」「ダ」「ゴ」の言葉を発すること、喉仏に手を置き、「ガガガガ、ダダダダ、ゴゴゴゴゴ」などと声を出します。
その都度、喉仏が動くのがわかりますし、それらを(ガ、ダ、ゴ)発することにより、胸骨甲状腺も緊張し声帯が伸びるのです。音程が外れる
(音痴とよばれる)のは、)胸骨甲状筋が的確に働かないためでもあり、他の筋肉とのバランスがとれていないためです。

鍛えていくうちに、徐々に音程も安定してきます。
最初のうちは、かなりコントロールするのが難しいです。できないからといってやけくそになり無理に
大きな声を出してしまうことには気をつけたいものです。

喉仏の下げ方

喉に力が入ると喉仏が上がります。歌う時、高音を出そうとすると間違った発声をしている人は喉仏が上がってしまい、苦しそうな声になってしまいます。

喉仏が上がらないように、喉はあくびをするときのように開いて声は頭蓋骨に響かせることを意識しながら発声をしましょう。頭に響かせることを「頭声」と言います。喉に力を入れない発声方法をマスターすると
自然と喉仏が上がらなくなりますので、喉に負担なく歌うことが出来て聴いている人にとっても心地よい発声になります。

喉仏を下げよう下げようとばかり考えていると、逆に無理な力が入ってしまって良くないそうです。人それぞれかとは思いますが、喉仏を下げるというトレーニング方法を取り入れて
喉を壊してしまうこともあるそうなので、「下げる」ことを意識するのではなく「上がらない」ことを意識して練習するのが良いのではないでしょうか。

ボイストレーニングでは喉のことばかり意識してしまいがちですが、歌は体全体で歌うものです。声帯から通る空気はあなたの体の頭のてっぺんから足の先、指先にまで共鳴して
声となって発せられるのです。姿勢が悪かったり、肩に力が入っていては良い声は出ません。この「共鳴」というキーワードがボイストレーニングでは重要なものになります。

「喉は楽な状態で」「体全体に共鳴させる」など、ボーカリストにとって本当に大切な事柄を知り、実際に自分の体で覚えてください。