駄菓子の定番「うまい棒」、お掃除に便利な「松井棒」などなど、世の中には多くの「棒」がありますが(?)、今回ご紹介したいのは、ボーカルトレーニングにおいて、にわかに注目されている「滑舌棒」です。

「滑舌棒」は、ボーカルに特化したものではなく、アナウンサーや俳優さんなど、声を使うお仕事の方々が、滑舌をよくするために活用しており、口周りの筋肉や、舌を鍛える効果があります。

特に「滑舌棒」という商品があるわけではなく、割りばしやボールペンなど、なんでもいいのですが、それらを1本ずつ両方の奥歯で噛みながら「あいうえお」などを言ってみます。

やってみれば分かると思いますが、意外にキツイですよね。でも、それがいいのです!負担が来るということは、それだけ鍛えられているということですからね。

口の周りや舌などは、鍛えるのが難しい部位ですが、「滑舌棒」による地道なトレーニングが、確実な効果をもたらしてくれます。

そして、実はもう一つ「滑舌棒」を使う利点があります。それは、喉を開いた発声が体感できるということです。

今すぐにでもやってみてください。左右に1本ずつ棒状のものを噛んで発声してみると、自然と喉が開いているのが分かると思います。その状態で色々な言葉を、色々な強さや高さで言ってみます。その感じを体で覚えて、歌を歌うときに反映させてやるのです。

とにかく利点だらけの「滑舌棒」。一度お試しあれ。