日本の国民的アイドルグループといったら、SMAPを思い浮かべる方も多いでしょう。1991年のデビュー以来、歌で、バラエティーで、ドラマで、映画で、多種多様な活躍を続け、揺るぎない地位を確立しています。

そんなSMAPの、2015年2月リリース、通算54枚目のシングルが「ユーモアしちゃうよ/華麗なる逆襲」の両A面です。
「ユーモアしちゃうよ」は権八成裕作詞、市川喜康作曲、マシコタツロウ編曲のアップテンポナンバー。そして「華麗なる逆襲」は、メンバーの草なぎ剛主演ドラマ「銭の戦争」主題歌になっています。

「華麗なる逆襲」の作詞作曲は椎名林檎。2012年リリースのSMAPのアルバム「GIFT of SMAP」に収録されている「真夏の脱獄者」以来2度目の楽曲提供となります。
こういった音楽シーンで活躍しているアーティストがSMAPに楽曲提供するのは実は珍しいことではありません。

シングル化されている有名なところでは、スガシカオ提供の「夜空ノムコウ」、槇原敬之提供の「世界に一つだけの花」、そして山崎まさよし提供の「セロリ」などがあります。
最近は特にそのようなアーティストからの曲が多く、MONKEY MAJIKが提供した2008年リリースの「そのまま」、LOVE PSYCHEDELICO作詞作曲の2010年リリース「This is love」、斎藤和義提供の2011年リリース「僕の半分」などが挙げられます。

今回はシングルをご紹介しましたが、シングルのカップリング、そしてアルバムにまで目を通すと他にもまだまだたくさんあるんです。気になる方は是非調べてみてください。