滑舌を良くすると、歌のみならず、話も聞きやすくなります。

焼き肉の牛タン(牛の舌です)が筋肉の塊であるように、人間の舌も舌筋とよばれる筋肉でできています。
この舌筋を鍛えることで、滑舌がよくなるのです。

それでは早速、舌のトレーレングをしてみましょう。

手鏡を用意して、それに向かって、あっかんべ~をしてください。
この時、できるだけ長く下に舌をのばすように心掛けてください。
ストレッチの効果がありますので、ちょっと痛くて気持がいい、ということを目指してください。

そして、その状態で10秒間数えてください。

ちょっとリラックスして力を抜いてぶらぶらします。

次はを鼻の先に近づけるようにします。
もちろん、つかなくて結構です。
イメージで上に伸ばす、ということです。
これも10秒間行ってください。

リラックスしてから次はサイドです。
右にいっぱいいっぱい、10秒間伸ばしてください。
脱力して左にも同じように伸ばしてみましょう。

リラックスして、最後に、グルーっとひと回りしましょう。
右回転と左回転、一回づつ。

人前では絶対にしたくないトレーニングのひとつですが、トイレの中でも、朝顔を洗った後でもいいです。

それほど、時間のかかるものではないので、ぜひ一日一回続けてみてください。

「言葉が聞きやすくなったよ」といわれる日を目指して。