ミスチルことMr.Childrenの『桜井さんぽく』歌う簡単なテクニック、について書きたいと思います。
あくまで『桜井さんぽく』なので、「どうだ!」みたいな感じで歌わないでください。
カラオケで盛り上げるために使っていただければと思います。

桜井さんは「地声」で歌っていると思われている方もいると思いますが、基礎がきちんとできています。ただ、喉を締めて歌っているので地声のように聴こえます。
(これは桜井さんの喉が強靭なのでできることですので、真似をするのはオススメできません。)

まず大前提として「地声」のように歌うので、カラオケでキー操作をしても歌いたい曲の音域がでない方は、まず音域を広げることから始めていただければと思います。
また喉を痛めたいために「鼻腔共鳴」はできた方がよいと思います。

それでは、桜井さんぽく歌うポイントを4つ書かせていただきます。

(1)独特なリズム(節回し)を覚えよう
ミスチルの曲は1小節の中に言葉の数が多く、かつ独特な節回しです。
節回しやリズム、各音の長さなど全てコピーできれば一番よいです。
ただ、字余りな感じにならず、また変な間が空かないように歌えば結構適当でも案外それっぽく聴こえます。

(2)語尾の最後を息をぬけて小さく歌う
桜井さんはブレスする前の音をフッと息の力を抜いて短く歌います。
そして、「カ」「サ」などは、「カハァ」や「サハァ」のように歌っています。
この辺りをよく聴いて真似をすれば、更に似てくると思います。

(3)サビでも思い切り歌わない
桜井さんは、サビは歌詞をハッキリと歌うのですが、大きな声で歌わず、高いキーのでも最大ボリュームより少し抑えて歌っています。
腹式呼吸を使って大きな声というより強い声をイメージして歌われたらよいと思います。

(4)できるだけ喉を閉めて地声のように歌う
低いキーから高いキーまで、喉を閉めて、地声のように歌ってください。これだけでかなり似てきます。
桜井さんは高いキーでも裏声を使うことは非常に少ないです。
それを地声で歌うと声がひっくり返る方がいると思います。ひっくり返るくらいであれば、その曲で一番高いキーの箇所くらいは裏声を使った方がよいと思います。

(1)~(3)までは何度でも練習してもよいですが、(4)の練習は喉を痛めるので、最後の方に少しするくらいにしてください。

使ってるテクニックではなく、こんなイメージでと書いたつもりです。
よかったら一度やってみて頂ければと思います。

ミスチル・桜井の声の出し方って…?

ミスターチルドレンの桜井和寿さんは、デビュー当時から変わらぬ個性的な声、魅力的な楽曲で、今でもずっと第一線で活躍しているトップアーティストですよね。

ミスチルの個性はイコールやはり桜井さんの個性。
桜井さんの曲と歌詞の世界観、そしてあの「声」がなかったら、今のような凄い人気にはなっていなかったと思います。

でもこの桜井さんの声の出し方って、普通に平坦に声を出したら、ちょっと同じような感じにはならないですよね?
でも同じような発声の方向性のアーティストがさらに前からいるのは、少数のひとたちは気付いているのではないでしょうか?

それはサザンの桑田さんですね。
サザンの桑田さんの場合、やはりその影響が大きいのは洋楽の楽曲と、歌いまわし。
桑田さんと桜井さんがコラボした曲がありましたが、これを聴くと、とても歌い方に共通点が多いことに気付くのではないでしょうか。

桜井さんのような発声で歌を歌いたいなら、スタンダードな洋楽の曲を歌えるようになると、発声のコツが簡単に掴めて来ると思います。

日本語の発声だけの歌を聴いてそれが身についてしまっていると、言葉の強弱、アクセント発音の仕方などの幅が狭くなってしまいます。

ですので本格的に魅力的な歌いまわしが出来るようにするには、日本語に無いリズム感やアクセントなどを掴む必要があると思いますね。
それにはスタンダードな洋楽で発音が聞き取りやすいものなどを、歌いこんでみてはいかがでしょうか。

少しずつ難易度を上げて、ミスチルの曲でレベルアップしよう

mr.childrenは最初の結成時期を含めて、20年以上の歴史を持つ非常に息の長いバンドです。
また、息が長いだけでなく、アマチュア時代からライブチケットを完売させる事が出来たという確かな実力を持っています。
そして曲作りも他人に任せず殆どの作詞・作曲をボーカルの桜井氏がこなしている。など、こだわりも強いグループだと言えます。

そんな確かな実力とこだわりを持つ人たちの曲は、容易に真似できるような代物ではなく、カラオケの難易度が高い事も非常に有名です。
ミスチルはカッコイイ素敵な曲が多いけれど、本人達のようにカッコ良く歌えないため、歌っても自分の下手さ加減を曝露するだけで女性にはモテない。と言う人さえいます。

私も【フェイク】など、少し曲を聴いてみた事はあります。あくまで素人判断ですが、出だしからかなり高音が入っていて、訓練を受けた人や音域がある程度広い人でないと忠実なコピーは難しいんじゃないかな?
という印象を受けました。また、曲によってはファルセットと地声の切り替えが難しく感じる物もある。と言う人もいれば、音程のアップダウンが激しいので簡単にはこなせない。と言う人もいます。

とは言っても、もちろん難易度は様々な模様で、少し調べるとカラオケでも歌いやすい曲とそうでない曲の一覧表などが出てきます。
難しい曲だと、本当に誰でも真似できるものではない。という判断の下、難易度がS+と書かれていたりします。
逆に最も簡単とされている曲はFと書かれ、カラオケ初心者でも手軽に挑戦できそうです。

ミスチルの曲の難易度について

ミスチルは男女問わず人気の高いアーティストですが、音域が広かったり歌詞のはめ込み方が難しかったりして、カラオケで歌うには難解なイメージが強いかもしれません。
それでも歌いたい男性は結構いるかと思いますし、上手に歌えたら聞いている人から「歌の上手い人」って思ってもらえるかもしれませんね。

そこで今回は、ミスチルの曲の中でも、まだ比較的簡単に歌える曲をご紹介していきたいと思います。
まずは、「Sign」です。この曲は、サビの部分だけ高くなるので、そこが出なければ少し厳しいかもしれませんが、全体的にスローテンポで歌いやすい1曲です。

続いて、「抱きしめたい」です。とっても有名な曲ですね。曲自体は非常にスローテンポなバラードですし、音域も低いです。女性人気も非常に高いですよね。

次は、これも人気の高い名曲「CROSS ROAD」です。ポップで軽快なメロディーで、歌いやすい曲なので、楽しく歌えるのではないでしょうか。

次は、「星になれたら」です。この曲も、CROSS ROADと似たようなテイストの曲ですね。メロディーラインがわかりやすいので、音程も取りやすいですし、とても楽しく歌える曲だと思います。

反対に難しい曲でよく挙げられるものとして、「GIFT」があります。歌詞の当てはめ方が複雑で、声の使い分けも難解だからだと思います。

その他では、これもかなりの有名曲ですが、「イノセントワールド」も難しい曲として有名です。こちらは、曲中の高低差がかなり大きいのが理由なようです。

まずは簡単な曲から練習して、色々なミスチルの名曲を楽しめたらいいですね。

ミスチルはいい歌を歌ってくれます。声が最高!

私が好きであるミスチルなのですが、歌がとてもストレートで好きです。

声も綺麗で好きです。そして私が最も好きになったポイントというのがアコーステックギターの弾きやすさコピーのしやすさというのがあります。

そして歌もミスチルのしるしなのは本当に感動して大好きです。

あのような歌がつくれるのはすごいなと思います。声もすごく好きです。

そしてそっと優しく歌うような歌声にも魅了されます。ノリノリの曲もいいのですが、

たまにはしっくりとしたバラードも行きたいなと思う時にミスチルはよく聞いています。

ありがたく心にとどまりあったかいです。いいですね。

そのような歌が歌えるように自分はなりたいと思います。

ですが私は作っている曲はロック系の歌が多くバラードもあるのですがあまりうまくはありません。

よくカラオケで歌って録音して家で聴くなどはしているのですが。

やはりバラード系は苦手かなと思いました。

早い歌の方が歌いやすいのは下手だからかな?と思います。
もっともっとトレーニングを重ねて上手に歌えるようになりたいと思います。

皆さんも一緒にレッスンして行きませんか?

そして、ミスチルをよく聞いてみてください。
とっても簡単に頭に入ってくる音楽があると思います。ぜひおすすめします。

私としてはしるしとロビンソンが好きです。

しるしはドラマの主題歌で聞いて好きになりました。

そのように好きになることもあるので本当ドラマもチェックですね。

最近どらま見てないから次回から始まるのは見たいと思います。