今日はヘッドボイスについてお話ししましょう。

ヘッドボイスは息漏れしていないやわらかな裏声です。

息漏れしている裏声はファルセットと呼ばれます。
ファルセットは息漏れしている分、息も長く続きません。
ヘッドボイスとは異なる発声方法ですので、この点は覚えておいてください。

ヘッドボイスは声帯を開かなくても発声することができますが、声帯を開くことで、よりふくらみのある、響きのいい裏声になりますので、そのあたりを目標にしてください。

それではヘッドボイスを発声してみましょう。

まず、口を奥の方まで大きく開けます。
卵をひとつ、まる飲みするような感覚で発声するのがコツです。

この状態で「ア」または「オ」の口で、短く切りながらヘッドボイスを出してみましょう。

高音になればなるほど、喉を開くイメージが大切です。
そして、逆に息の量は減らしていきます。
息の量が減っていかなければ、うまく高音域がのびなくなります。

ヘッドボイスは頭に響かせるように、という表現をする先生もいますが、実際に響く場所は、頭ではなく、口の奥の方です。

うまく響くと耳の後ろの部分まで振動が伝わるようになり、頭に響くような感覚が得られるでしょう。

喉の奥の筋肉の動かし方、つまり、声帯の開閉が上手くできるようになると、上手く発声できるようになるので、ぜひたくさん練習してみてください。