ピアノを習い始めたばかりのおチビちゃんたちにとって、ペダルは興味深々の不思議なパーツ。いたずらして踏んだりしたら先生に怒られるし、なかには踏んでもあまり音が変わらない気がするのもあるし、いったいこれはなんだろう?と思っていることでしょう。

グランドピアノ、アップライトピアノとも、通常2本または3本のペダルを備えています。このうち一番右側が最もよく使われる「ダンパーペダル」。踏むとすべてのダンパーがはずれて、その間に弾いたすべての音が延び、離すとダンパーが戻って音が切れる仕組みです。弦が反響するので、「のびる」というよりも「響く」と感じる人もいるかもしれません。このペダルは、踏み込む深さで反響具合を調整することもできます。

次に使われるのが、一番左の「ソフトペダル」。グランドピアノでは、このペダルを踏むと鍵盤とアクションが少しだけ右側にスライドし、ハンマーフェルトの柔らかい部分で弦をたたくことになるので、音色が変わります。アップライトでは、ハンマーと弦の距離が短くなることで、音量が若干弱くなります。

最後に3本ペダルの場合のみ存在する真ん中のペダル。これはグランドピアノでは「ソステヌートペダル」と呼ばれ、ある音を弾いた直後に踏むとその音だけがのびるというものです。他の音がのびて音が濁るのを避けるときや、離れた1音だけのばしておきたい時に使います。アップライトでは、このペダルは弱音用。弦とハンマーの間にフェルトを挟んで、音を弱くすることができます。

「ペダルを使う曲」は、子どもたちにとってあこがれの曲。先生から「踏んでもいいよ」というお許しが出る日が待ち通しいですね!