動画サイトで「東方アレンジ」と検索してみると、検索結果には様々な人の作った多種多様な音楽が表示されます。ジャンルも様々で、ロック、テクノ、ジャズなど、上げればキリがないほどです。

実はこれらの曲のほとんどは、上海アリス幻楽団のZUNさんという方が作曲したものです。東方アレンジとは文字どおり、東方projectという人気の同人ゲームシリーズ関連の音楽をアレンジしたものという意味なのです。

音楽を作ってYouTubeなどに公表した際、思っていたより人が集まらないということはよくあります。元々他の場所で人気を獲得していたり、よほどインパクトのあるサムネイルやタイトルだったりしない限り、オリジナルの楽曲に人が集まることは稀です。抵抗がある方もいるとは思いますが、二次創作で、他の人気コンテンツから勢いを借りるというのも一つの手ではないでしょうか。

こういった場合に気になるのが権利の問題です。勝手に人の曲をアレンジして公表するのは基本的にはNGです。動画サイトではグレーゾーンにいる作品が数多くありますが、他の人がやっているから自分もやっていいというわけではありません。

サイトの規約などにより、ニコニコ動画で平気なことがYouTubeではアウト、という場合もあります。権利問題には過敏なくらいに気にするくらいがちょうどいいでしょう。

二次創作物など、人を集めるコンテンツと平行して自分の楽曲を投稿していれば、Twitterのリンクなどを辿って、オリジナルのほうへとやってくる人もいるかもしれません。どんなに素晴らしい音楽も、聴く人がいなければ意味がありません。集客の方法も色々考えていきたいところですね。