メタルやコア、ラウド系の音楽でよく使われているデスボイスやシャウト、スクリームの声の出し方を簡単に紹介したいと思います。

これらの発声方法は、そもそもが声帯や喉を痛める歌い方なので喉のことを考えれば練習などしないほうが良いのですが、ピッチシフターなどのエフェクターを使いたくないという人向けに紹介します。

名称としては、フライ・スクリームというものとフォールス・コード・スクリームという種類があります。

①フライ・スクリーム
声帯を縮めて、そこから思い切りたくさんの息を出します。実際の音に関してはインターネット上の動画などで聴けますので参考にしてみると良いと思います。特徴は高音がよく聴こえるのでファルセットの高音を出すような感じで音を絞り出して歪ませましょう。基本的には、エッヂボイスを出せるように意識してから高音を出すようにしていきます。
口の形は「オ」の形でやって次第に「ア」になるように音を変化させていってください。

②フォールス・コード・スクリーム
フォールス・コード・スクリームはフライ・スクリームとは違い、低音でよく聞こえ、声帯を少し開いた状態にしてそこから、一気に息を吐き出すような感覚で行います。喉仏を上下させる運動ができないと完璧にできるようになるのは難しいですが、雰囲気だけなら表現できます。喉仏を下げて「オ」の口にしてため息を吐くような力の入れ方で音を歪ませて下さい。途中、息漏れしているような声を繰り返すと良いです。

そこから少しずつ音を高音に持っていきます。最終的に、「イアー」というような口の形ができていればOKです。

実際にやっているアーティストなどの音源を聴いて練習するのが一番の近道だと思いますが、デスボイスは喉にかなり負担をかけるものなので、やる場合は喉を乾燥させないようにしてください。