1970年代~80年代にかけて、パンク・ニューウェイヴのムーヴメントが日本で巻き起こり、多くの個性豊かなバンドが泡のように生まれては消えて行きました。それは、パンクが衝動的で主張の音楽であるという性質上仕方のないことですが、そんな中、現在まで活動を続ける稀有な女性の音楽がいます。Phewと名乗る彼女は、当時から現在に至るまで、アンダーグラウンドを代表するシンガーとして活躍。坂本龍一、山本精一、ジム・オルークなどの著名なミュージシャンともコラボし、唯一無二のパンクを提示しています。

Phewは大阪出身で、学生時代はミッション系の女子校に通っていました。高校時代にセックス・ピストルズに衝撃を受けた彼女は、初のバンド、アーント・サリーを結成。アルバム一枚を残して解散しました。その後はソロワークを続け、坂本龍一によるプロデュース作『終曲』や、コニー・プランク、ホルガー・シューカイが参加したソロアルバム『Phew』をリリースしますが、一度活動を休止します。活動再開後は近藤達郎、大津真らと『View』を発表したり、山本精一とのパンクバンドMOSTで活動したりと精力的に活動を続け、コンスタントに作品をリリースしています。

彼女の特徴は気怠さと激しさの両方を持つ歌唱法と、絶望、諦念、皮肉、批判を内包しつつ時折メルヘンで可愛らしさのある歌詞です。歌唱法については女優でシンガーである戸川純も大きな影響を受けたとアーント・サリーのライナーノーツで語っています。歌詞はあからさまに過激な表現を使わずに、意味がよくわからないながらも何となく不穏さを感じさせるのが上手く、彼女のキャリアを一貫する特徴といえるでしょう。単にスリーコードで暴れることがパンクではないことを彼女の楽曲群は証明してくれています。