初めて行った場所で、あるいは久しぶりに通った道で、今までに何回か道に迷った事があるという方は多いかと思います。私もそのひとりなのですが、他の人より道に迷いやすい、いわゆる方向音痴だったのですが、ある方法で道に迷う回数が劇的に減りました。今回はそのとある方法をお教えします。しばらく通らなかった道を久しぶりに通ったら周りの風景が変わっていたり、工事中で目印にしていたお店が壁で覆われていたりするともうお手上げで、泣きたくなる事もしばしばでした。そんな私が方向音痴を克服しつつあるのですが、その方法は「場所を目に焼き付ける」たったそれだけで道に迷う回数が劇的に減ったんです。目的地に着くと同じルートを逆に辿って帰る事が多いと思うのですが、そんな時は目的地に向かう時に目印となるポイントで一度振り返って、逆側から見た景色を目に焼き付けるんです。こんな簡単な事で方向音痴は克服できるんです。

まとめ

地図はもちろんの事、GPSを駆使したスマートフォンの地図アプリでさえも役に立たないほどの方向音痴だった私が、道に迷う回数が劇的に減った方法はいかがでしたでしょうか?これなら簡単で、どんな方でも今日からすぐに実践できると思うので自信を持っておすすめできます。そんな単純な事でと思われるかもしれませんが、この方法は侮れませんよ。長年困っていたあなたの方向音痴が克服できるかもしれません。ぜひ試してみて下さい。