私はこの方の歌を聴いてボーカルをはじめたと言っても過言ではありません。
ストレートで透き通るようなハイトーン、多少ハスキー気味な声質で、ハードな曲にも
バラードにも合う独特の歌声を持っています。

話し声を聴く限り、元々の声質が一般の成人男性より高めなようで、XJAPANの楽曲に良く出てくる
高めのB~Dくらいの音域は、普通の音域の男性が一番出しづらい(少なくとも私は)高さだと思います。
それを滑らかに歌えるのは、喚声点(裏声と地声の切り替わり)が通常の男性より高い音域に
あるからだと思われます。

歌い方としては非常にシンプルで、特にデビュー前後の歌い方はどちらかと言うと大雑把なイメージです。
喉を多少閉める方法でのミックスボイスで、高さと歪みを出し、声質上それでもある程度良い声が
出せてしまうので、技術的なことはあまり感じません。

歌い出しに速く勢いのある息を使って、多少無理矢理高音を出してるように感じます。ライブ映像で
高い音が続くと、ブチブチと切って出しています。同じジャンルの小野正利さんとか、
デーモン閣下などにはあまり見られない傾向です。

サイレントジェラシーと言うアルバム辺りから大きく発声方法を転換したようで、私がコンサートを
見に行った2008年東京ドームも、ほぼそのスタイルのまま来てるように感じました。
特に高音部の喉の開きが出て、息づかいも以前より丁寧になっていました。

またTOSHIさんの特徴として、あまりビブラートを使わないことも上げられると思います。
このジャンルの方は大げさなまでにビブラートをかけてきますが、TOSHIさんはポイント的に
さりげなく入れる程度で、そのストレートな歌声を象徴するがごとく、ビブラートで歌を
主張する傾向が全くありません。

XJAPANが、他のヘビーメタルバンドと違って大衆に受けたのは、従来のHR/HM系ボーカルの
歌い方に当てはまらない独自性があったからかも知れません。

比較的簡単にミックスボイスを手に入れたい

プロの歌手の中にもミックスボイスを使っている歌手は多くいます。むしろ使っていない歌手の方が少ない気がします。
美しく、質の高い最高のミックスボイスとも言われているのはX JAPANのTOSHIさんでしょうか。紅などのヒット曲がありますが、かなりの高音ですが質のよいミックスボイスといわれています。あんなの簡単には出せないと諦めてしまいますが、そこまでいかなくても歌を上手に唄えるようになりたい人の目標をボイストレーニング的な視点から見てみると、一様に、ミックスボイスを使えるようになる事で解決するとまでいえます。

しかし、その前に前提として、腹式呼吸やチェストボイス(地声)での発声は基本中の基本です。それを前提にして話を進めますが、ミックスボイスはチェストボイスと違い、裏声のひとつです。そして、大切な事がひとつありますが、腹式呼吸ではなく、胸式呼吸で出す発声という事です。

腹式呼吸は基本といいましたが、歌を上手に唄いたい場合、力みは絶対NGです。チェストボイスを出す時もミックスボイスを出す時も体の力が抜けている脱力感は大切です。

どうしてもカラオケなどで高音域などで声を張り上げてしまう人は体に力が入りすぎていますので喉を痛める原因にもなります。体の力が抜けている状態で唄う事がいずれにしても必須ですから、まずは、力みをなくす事から始めます。1番の近道です。

ミックスボイスの練習方法を簡単に書いておきますと、無理なく(力む事がない)裏声を出してみます。スムーズに力まず裏声が出たら「いーーーーー」と裏声で言ってみて下さい。頭の上辺り後方から声が通る感覚で「いーーーーー」です。これができていれば、ミックスボイスはかなり習得に近づいていると考えてよいです。

ちなみに、裏声は高い声のみを出す声ではありません。裏声でも高低があり、それぞれに練習します。

ハイトーンボイスとミックスボイスを操る歌手

まず、ハイトーンボイスとは高い地声のことを言います。
しっかりとした響きを持っており息が抜けるような声に聞こえます。
裏声を使った高音はハイトーンボイスとは言わず、いろいろな発声法で呼ばれています。

それに比べミックスボイスは発声方法の一つで裏声を地声のように聞こえるよう発声する技術です。
低音域から高音域までの音域をスムースにつなげて発声させるのが特徴です。
またおなじ裏声でも“ファルセット”といわれる方法を用いる歌手もいますが、このハイトーンボイスを使う歌手はほとんどが、ハイトーンボイスとミックスボイスの発声法を使用しているでしょう。

まず代表的なのがマライヤキャリーで彼女の音域は5オクターブとも言われています。

ほかにも、
セリーヌ・ディオン、サラ・ブライトマン、AILEE
男性アーティストでは、ブルーノ・マーズ、クイーンなど

海外アーティすとだけでなく国内でもかなりのハイトーンボイスのアーティストは多数います。
代表的なのがXJapanのToshiやB’zの稲葉浩志、小野正利、広瀬香美、hide、久保田利伸

どちらかというと、ロックのアーティストの方が多いように感じます。
皆さんお勧めのハイトーンボイスのアーティストは誰ですか?

ハイトーンを出すときに、どうしても力を入れがちですが、プロの力強い声でも喉にほとんど力は入っていません。
もしチャレンジする人がいたら、とにかく力を抜いた状態で発声できる練習をしましょう。
少しでも力が入っていると感じたときはその場でやめることが重要です。
間違った発声方法で無理に出そうとすると喉を痛める危険があります

X JAPANのギター、コピーは難しいのか?

活動を停止していたX JAPANも新たにギタリストにLUNA SEAのSUGIZOを迎えたことで復活しました。
動画サイトなどでは弾いてみたというジャンルでX JAPANは根強い人気があります。
これには速弾きがあることで自分の腕を見せつけられるという点があるのかもしれません。

ギターを弾いている上で速弾きは憧れるということは出てくるでしょう。非常にメジャーなバンドであるX JAPANのフレーズだったらなおさらです。
ギターは速弾きができるから巧いというわけではないのですが、確かに観客などから見ると非常に盛り上がるポイントです。
ここではそのX JAPANのギターソロ、楽曲は難しいのかという点を記載していきます。

まず、難しいと思うポイントで大きなところはテンポの速さです。
X JAPANの楽曲はバラードを除くと非常にテンポの速い楽曲が多くなります。ここに細かなテクニックが付け加えられているため難しく感じることになります。
パンクなどのパワーコード主体の楽曲でもテンポが速いと難しいと感じますが、X JAPANはハードロックの面が強いのでリフも難解なものになっています。
まずはリフを分解していきましょう。

何事も始めるにはまずはテンポを落としてから始めます。
最初から速い原曲のままというのは無謀です。フレーズをしっかりとコピーしたら徐々にテンポをアップしていってクリアしていきましょう。
練習にはメトロノームがあると便利です。単純なゼンマイ式のメトロノームなら安価で購入できます。
あらゆる練習で使えるので持っていても損はありません。

ゆっくり始めると実はリフはそこまで難しいテクニックを使用していないことがわかると思います。
1小節ごとでもいいのでフレーズをしっかり把握していきましょう。練習を重ねるにつれてどんどん弾けるようになってくるはずです。
そして原曲テンポでも速いと感じなくなれば、かなりの上達です。

次にギターソロです。
ギタリストにとっての見せ所であるギターソロなので一番力を入れたいところでしょう。
ギターソロもリフト同じでテンポを落として一つずつの音を拾っていきましょう。X JAPANの場合ツインギターソロの箇所があります。ここで困惑してしまう場合がありますが、まずはメインフレーズからコピーします。
X JAPANではタッピングを使用することはありますがスウィープなど高度な技術は実は使われていません。
一つずつ音を拾って最初は弾けるテンポから練習していけば自ずと弾けるようになります。

つまりテンポが速くて難しいと感じてしまうと言っても過言ではありません。
TAB譜を見るのもいいのですが、その記載通りに弾くと確かに同じ音は出ますが、弾きやすさを犠牲にしてしまいます。
できれば耳コピで自分の弾きやすい奏法でコピーするといいでしょう。

意外と知らないボーカリストの本番前リハーサル

有名なアーティストのライブに行ったことのある人は時々ながら、
ボーカリストはどのようにしてウォーミングアップをしているのだろうと疑問に思ったことがあると思います。

特に本番前には実際にリハーサルはありますが、それだけで自信をつかむのは難しいでしょう。
以前、東京ドームでのX JAPANのライブにボーカルのToshiがマイクで大声を放ったら、騒然とていたようです。
もちろん、それはリハーサル中のウォーミングアップだったのですが、マイクの調節やSE、照明の調整など
本番前のボーカルウォーミングアップとして行うことは山ほどあります。
それを大勢の観客に気付かれずに素早く行うことはまさにプロとして活躍しているからできる事だと思います。

また、Janne Da Arcが全国ツアーでバスで移動している最中にボーカルのyasuがウォーミングアップのことについて
取材を受けたら、あっさりと「特にないっすよ」とエンタメ系の番組で放送していました。
それが本当かどうかは不明ですがプロとして全国を周るなかで自然と本番前の環境に慣れていくのだと思います。
特にそれはテレビの取材であっさりと答えていたことからもうかがえました。

しかし、通常のインディーズのバンドの人達は小さな箱に慣れはあっても、サポートしてくれる人は少数ですから、
本番前のリハーサルのみになります。ここではたいてい小さなステージでは15分程度と決まっています。
すなわち、リハーサル前までにどれだけ完成度を高めているかが鍵になるのだと思います。