ギネス世界記録とは世界一である物事を成した人に対して捧げられる賞です
そこからピアノにまつわる記録を紹介しましょう。

・単独で何時間弾き続けられるかの記録
ポーランド人の冒険家で音楽家でもあるロムアルド・コペルスキ氏が2010年1月27日から31日まで、ぶっ通しで103時間8秒演奏するという記録を打ち立てました。
スタミナ勝負でほとんどスポーツ的ですが、音楽が好きでとても忍耐強くないと達成出来ない記録です。

・一分間に何回キーを押すことが出来るか
平たく言えば連打記録です。
2012年1月14日、ハンガリーのピアニスト、ベンス・ピーター氏は一分間に765回ものキーをヒットさせます。
ベーゼンドルファーのピアノを使い、C#で挑戦、ギネスに認定されました。こちらは作曲に応用出来そうなテクニックですね。

・ネコのための最初のピアノ協奏曲
2007年、ノラというネコがピアノをこづいて音を出す演奏がYoutubeにアップされます。
またたく間に1400万回以上の再生数を得て、多くの注目を浴びました。
リトアニアの指揮者、ミンダウガス・ピエカイティス氏もその一人です。

感銘を受けたミンダウガス氏は動画と共演するアイディアを思いつき、4分の管弦楽曲を作ってしまいます。
上手く編集しながら、動画を作曲のアイディアとして扱い、世界ではじめてのネコのためのピアノ協奏曲”CATcerto”となりました。
BBCで大々的に取り上げられ、ギネスに認定されます。