男性でも女性でも気軽に飲めるアルコール「ハイボール」
その手軽に作れて美味しく飲めるというポイントが広く受け入れられ、今やどこの居酒屋に行っても置いてあるようなお酒になりました。
しかし、居酒屋で提供されている殆どのハイボールは適当に作られており、本当の美味しさを表現できているところは非常に少ないのが現実です。
なぜなら、ハイボールには正しい作り方があり、居酒屋はどちらかと言うとスピード勝負なので、ウイスキーと炭酸水を適当に混ぜているだけで美味しく作れていないのが現状なのです。

では、どのようなハイボールが「本物のハイボール」なのか?

私が過去に日本一にも輝いた功績を持つ、世界レベルの腕前を持つバーテンダー(お名前は伏せさせていただきます)に、本当のハイボールの美味しい作り方を教えていただける機会があったので、紹介いたします。

1.冷えたグラスに氷を入れる。
 これは単純な作業です。ポイントは「冷えたグラス」と「氷」というところです。ハイボールの特性上、常温のウイスキーと炭酸水を扱うので、冷えた方が美味しく感じることと冷えていた方が炭酸が抜けにくくなるという理由から、冷えたグラスを使うのが理想です。氷もできればロックアイスの方がいいそうです。

2.ウイスキーを適量注ぐ
 このウイスキーを注ぐときにポイントがります。それは、氷の霜を洗い流すようにグラスに注ぐことです。これは、あとから注ぐ炭酸水のためといっても過言ではないのですが、氷に霜がついたままだと、冷えにくい上に、注ぐ際に霜の凹凸のせいで炭酸が抜けやすくなるからです。
「氷を入れたグラスで飲むコーラって2杯目が美味しい」って感じますよね?それは、なぜかというと一杯目そ注いだ際に、氷の霜が洗い流され、2杯目の方が氷で冷やされたうえに炭酸もあまり抜けていないからという理由があるのです。ハイボールも同じ原理です。

3.炭酸水を注ぐときはそっと。注ぎ口が半分空気の通り道になるように傾けて、あまり氷にぶつけないように入れる。
 ここがかなり重要です。一般的な居酒屋はここが守れてないので、美味しく仕上がらないといっても過言ではありません。
 炭酸水は、ちょっとした振動や衝撃で酸が抜けやすくなります。ここで大切にしたいことが2ポイントあります。
 1つ目は、高い所から炭酸水を注がないこと。グラスの縁ギリギリまで降ろして、グラスの側面に沿うように注ぐ。これをやることで、高い所から落ちる衝撃や氷にぶつかったりして酸が抜けるのを回避できます。
 2つ目は、炭酸水が入っているビンorペットボトルの注ぎ口の半分は空気の通り道にして注ぐこと。これは、炭酸水を注ぐ際に注ぎ口を全部防いでしまうと、炭酸水と入れ替えで空気がビンorペットボトルの中に泡立ちながら入ってきます。このときの空気が入るときの衝撃で炭酸が抜けてしまうのです。
 ハイボールの美味しさの決めては、じつは炭酸水にあります。
 炭酸のしゅわしゅわ感をそのまま直接喉の奥に伝えることで、ウイスキーの味が引き立つのです。

4.かき混ぜないこと
 ウイスキーと炭酸水を混ぜる動作は必要ありません。混ぜることによって、炭酸が抜けます。混ぜなくても、液体を混ぜると「拡散」という現象がおきます。もし混ぜるとしても、浮いた氷を下に一回下げるだけで十分です。

以上が美味しいハイボールの作り方です。
上記のやり方で作ったハイボールは、炭酸のしゅわしゅわが長持ちし、長時間テーブルに放置してても冷たく美味しいです。
一般的な居酒屋流で作ったハイボールは、5分もすれば炭酸は抜け、氷が溶けて水っぽくなっています。
2通りのやり方で作ったハイボールを味比べすれば、その違いが分かります。
ハイボールは比較的安くつくれるので、家で試してみるのもいいかもしれませんね。