幼い頃からマラソン中継をテレビで観ていて「こんなに長い距離を走るなんて信じられない」とずっと思っていました。学校で走ったとして最高で2,3キロくらいでしたし、その何十倍もの距離を走り続けるなんて考えられませんでした。もちろん苦しいだけで何のために走っているのだろうとさえ思っていて観るだけで十分、興味すらなかったのです。それが後にやることになるとは・・・。
かなり太ってしまった時があり、色々なダイエットをして最終的にジョギングが一番自分に合っていて効果があって目標体重まで痩せることができました。それからもリバウンド防止と健康の為に週に数回は続けていました。その頃にはもう走ることが生活の一部となっていて、割と好きになっていました。そこで軽い気持ちでマラソン大会にエントリーをしてしまったのです。ただ人気の大会なので倍率が10倍ほどもあり、まず無理だろうと思いつつのエントリーでした。ところが当選メールが届いてしまったのです。
それからはもう生活がトレーニング中心となりました。マラソン関連の本や情報を集めて、食生活も変えました。当時でも最高は3キロくらいしか走ったことがないのに、いきなり40キロ以上が目標となってしまってプレッシャーとなりました。より本格的に走るようになり、徐々に長く走れるようになりました。2時間走り続けることができたときに、完走できるかもしれないと前向きな気持ちになり結果無事に完走することができたときは非常に嬉しかったです。