ネット上の掲示板に、「歌唱力はランニングであがる」と、
書かれたものがありましたので、そのことについて書いていきたいと思います。
なぜ、ランニングで歌唱力が上がるのかというその理由と、また、
筋トレで歌の何が上手くなるのかを書いていきたいと思います。

歌唱力とは

歌唱力とは、歌の上手さという意味があります。
しかし、歌の上手さとは、凄く曖昧な言葉ですので、
一概ににこれだということが出来ません。
技術面で歌を評価する人もいれば、人間的魅力、グルーブを評価する人もいます。
人によって、それをどう感じたかで、歌の評価は変わりますので、
そもそも、歌唱力という言葉があることに意味は全くないのではないでしょうか?
音楽にランク付けされるのは、人の性格にランク付けされるみたいなものです。
音楽は自己の表現であり、自分がいいと思えればそれでいいと思います。
大切なのは、自分がどういったボーカリストを目指していて、
そのボーカリストになるにはどうしたらいいのかということだと思います。
歌唱力という言葉に惑わされず、自分が求めるボーカリスとになりましょう。

ランニングは歌にどう影響を与えるのか?

ランニングで鍛えられるのは、肺活量と全体的筋力アップです。
ボーカリストにとって肺活量を鍛えることは、当たり前ですが、
声量を上げることができたり、筋力を上げることによって、
音声のコントロールが容易になってきます。
ですので、ランニングをするプロのボーカリストがいるくらい、
メージャーなトレーニング方法になっています。

しかし、私的には、有酸素運動は寿命を縮めてしまうので、
水泳をお勧めします。
水泳なら、無酸素運動なので体に悪くはありませんし、
全体的筋力がぎっしりとつきます。
また、肺活量もつきますので、ランニングより断然おすすめです。
時間とお金に余裕があるのなら、水泳でトレーニングしましょう。

トレーニングはあくまで能力値アップ

歌を歌う為の土台を作るトレーニングは、やらないよりはやった方がいいのですが、
歌の練習もしなければ意味がありません。
どんなにステータスが高いキャラクターを操作できても、
それを使いこなせる能力がなければ意味がないのと同じです。
歌の方もしっかりと練習していきましょう。

最後に

音楽は、スポーツとは違って勝ち負けがありません。
ですので、いくら技術を上げても、そこに求めるものがなければむなしいだけです。
あれもこれも出来るようにするのは、誰かに勝ち負けのルールを植え付けられた可能性が高いです。
音楽は自己の表現ですから、自分が望む意外の練習はしなくていいのです。
むしろ、自分が望むことだけの方がモチベーションが続き、
結果的に効率がいい能力アップが期待できます。
ですので、肺活量アップや筋力アップは、
ゴールの設定の途中に含まれているならおこなってください。