10数年前に国が大幅に規制緩和してから地方には衣食住における全国チェーンの店舗が進出し続け,そのあおりで地方に根付いていた数多くの店舗が廃業に追い込まれ,労働者保険法の改正で非正規雇用も増え続けています。
自由競争社会になり弱肉強食,商売上手,世渡り上手だけが生き延びる事が出来る社会になりつつあります。
成功者の実力主義を支持し,努力と知恵が足りないと論じます。
でも人間は十人十色,競争に不向きな人もいれば黙々,コツコツと仕事をするタイプの人もいます。
昔の日本にももちろん競争はありましたが,皆がそこそこに幸せになるよう仕事を分け与えあうなど,団体競技の良い側面がありました。
大手と中小の企業やお店が競争だけではなく,協調して共存できる方法も知恵を絞れば必ずあるはずです。
大手は寛容さで中小を引き込み,中小は大と渡り合うという気概を持って対峙すべきです。
グローバル化の波は避けられずアメリカナイズされた経済の形ですが,昔の良かった所を進化させて日本人の特性や気質にあった社会をもう一度作り上げたいものですね。