ダイエット法の1つに、「夜9時以降は食べない」というものがあります。
夜遅くに何か食べてしまうと、寝ている間も胃腸が動き続けて、結果代謝が悪くなり太ると言われています。
炭水化物も脂肪として蓄えられてしまうようですし。
さて、この夜9時以降食べないを私も習慣づけることにし、はや1年以上続けています。
出かけたときや親戚づきあいで年に数回程度守れないこともありますが、日常生活では絶対に夜は食べないようにしています。
ついでに飲み物も、夜は水か麦茶のみで。
正直これでやせることはありません。
でも、他に運動や節食をしなくても、夜は食べないということを守っていると、体重増を防ぐことはできます。
昼間結構おなかすいておやつに高カロリーな菓子パンやファーストフードを食べてしまうこともある私。
それでも、夜9時以降食べないことにより、体重は現状キープで済んでいます。
もちろん昼間際限なく食べちゃったらダメでしょうけどね。
節食ダイエットは以前試してみたところ、確かに体重は落とせたけど、便秘になっちゃったりして大変でした。
昼間はしっかり食べて、夜は食べない。こういう基本的な生活習慣こそ太らないポイントなのでしょう。