リップロール、タングトリル、エッジボイスの練習をすることは、ボイストレーニングをするうえでとても大切
です。今回はこの3つのやり方、効果などについてお話していきます。

1.リップロール

リップロールとは、唇をプルプル震わせることです。最初は声を出しても、息だけでもいいのでやってみてくだ
さい。リップロールをすることで、体の余計な力を入れずに、高音が出しやすく歌えるようになります。リップ
ロールができない人は、どこか体や顔に力が入っている可能性が高いです。できるようになったら、リップロー
ルをしながら声を出し、音階に合わせられるようになると完璧です。

2.タングトリル

タングトリルとは、舌を上下に震わせることです。巻き舌をずっと続けているような感じです。このタングトリ
ルはリップロールと同じように、体や顔をリラックスさせる効果があります。そして最も重要なタングトリルの
効果は、のどを広げたり、声をしっかり出すというようなことが挙げられます。タングトリルをしながら、声を
だし、音階に合わせられるようになれば完璧です。

3.エッジボイス

エッジボイスとは、映画呪怨のような「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛…」という声を出すことです。

ミックスボイスや
ハイトーンボイスでは、「喉を開いて声帯を閉じる」と言われますが、その「声帯を閉じる」という感覚をつか
むために適した練習方法です。

この3つを、普段からの基礎練習に取り入れましょう。