声帯を鍛えることで、声をスムーズに出すことが出来ます。声帯を動かすには「輪状甲状筋」という喉の筋肉が必要になってきます。輪状甲状筋は、声帯を伸ばして高い声を出すのに使う筋肉です。ミックスボイス、ハイトーンボイスを出すにはスムーズに声帯を閉じなくてはなりません。この感覚をつかむのにかなり苦労する方もいますので、普段どこでも練習できるように「声を出さずに鍛える方法」を紹介していきます。

まずは感覚をつかむために、「おー」とできるだけ低音の声を出します。そのとき唇は半開きにして、動かさないようにします。その状態の喉の形を保ったまま、今度は声を出さずに息だけ吐きます。

次に、「いー」と出来るだけ高音の声を出します。ここでも唇は半開きにして、口を動かさないようにして声を出します。そして、ここでも喉の形を保ったまま、声を出さずに息だけ吐きます。

この「おー(息だけ)」「いー(息だけ)」をゆっくり繰り返してください。息の流れを止めないように、一息で「おーーーいーーー」と唇を動かさずに続けてください。慣れてきたら、どんどん早く「おいおい」とやってみてください。

正しくできている状態で喉を触ると、のどぼとけのあたりがしっかり上下に動くのが分かるかと思います。結構はっきりとうごくので、出来ているか出来ていないかはわかりやすいです。

最初からこの動きがはっきり出来る人はなかなかいません。やはり、喉の筋肉も他と同じで、動かしていないとなまっているんです。この練習はいつでもどこでもできますので、時間があるときにやってみてくださいね!

声帯の鍛え方について

歌が上手くなりたい、と考える時に、声を強くしたい、声帯を鍛えたいと考える人は多いと思います。そもそも、声帯というのは鍛えられるのか、という問題ですが、実際声帯とは筋肉ではないため、鍛えることは出来ないのです。

しかし、声帯の周りにある筋肉を鍛えることによって、スムーズに声帯を動かせるようになり、結果的に発声が良くなったり、強い声が出せるようになるのです。
さて、その声帯の周りにある筋肉ですが、主に2種類あります。それは、「輪状甲状筋」と「閉鎖筋」です。輪状甲状筋を鍛えることで、中音域~高音域の発声を良くすることができ、閉鎖筋を鍛えることで地声の発声を安定的にすることができます。

この2つの筋肉をバランス良く鍛えることが、声帯をスムーズに振動させ、発声をよくすることにつながっていきます。
ここからはその鍛え方ですが、輪状甲状筋は裏声を使うことで鍛えられます。地声で歌うときにはほとんど使われない筋肉のため、いつも地声で歌う曲を裏声で歌うことで、輪状甲状筋が活発に動き、意識することができます。

同じような考え方で、閉鎖筋はエッジボイスを練習することで鍛えることができます。エッジボイスとは、「ア」の口をしながら息を吐き、段々と声を出していく発声法です。「ア゛ア゛ア゛…」というような声が出ます。この発声が一番閉鎖筋を使うことができます。エッジボイスの練習をするときは力を抜きリラックスすることが大切です。また、喉も痛めやすいので、ゆっくり休めながら鍛えていきましょう。

声帯を鍛えるのではなく、声帯周りの筋肉を正しく鍛えよう

声帯を鍛える。よく耳にする言葉ですね。こんな事を言う人がいるかもしれません。
プロのボーカリストは、毎日7時間も8時間も歌っている。喉を枯らさずにそんな長時間歌い続けられるのは、声帯を鍛えているからだ。と。
しかしそもそも、声帯を鍛えるって、どういう事なんでしょうか?よく言われるのが、声帯は筋肉だから、筋トレのように鍛えられる。という言葉です。

しかしこれは、誤りです。というのは声帯そのものは筋肉ではないため、鍛えようがないからです。
正確に言えば、筋トレのように声帯そのものを鍛えるのではなく、輪状筋など声帯の周りの筋肉を鍛える事を最近では「声帯を鍛える」と言っているようです。
そして輪状筋肉とは、文字通り輪を描くように円柱状になった筋肉で、声帯の下に付いています。

高音域の声を出す際は、この輪状筋を鍛える事が有効と言われています。具体的に言えば、高い声を出す時に輪状筋が下がり、喉に触れると上がる感じがします。
また声帯は喉仏、正確に言えば甲状軟骨の裏にあります。男性は出っ張っているため、喉仏の位置が非常に分かりやすいですね。
女性も喉を触ると、少し硬い部分があるため、その部分が甲状軟骨です。
また、輪状筋を鍛える事で高音域が出しやすくなる、と書きましたが、低音域を発声する際も、同じく声帯付近にある筋肉を鍛える事が有効です。
この筋肉は声帯を閉じる時に使う筋肉のため、閉鎖筋と呼ばれています。「声帯を鍛える」ではなく、正しく「声帯周りの筋肉を鍛えて」より良い歌い手になりましょう。

喉仏を下げて声帯まわりの筋肉を鍛えよう

歌うときに欠かせない声帯。腹筋と同じように、声帯もトレーニングで鍛えることができたら、もっと歌が上手く歌えるようになりそうですよね。
でも実際、声帯自体は生まれつきのもので、それを大きくしたり太くしたりすることはできません。
しかし、「声帯を動かす筋肉」は、他の筋肉と同様に鍛えることができるのです。

たとえば高い声というのは、声帯を伸ばしてしっかりと張った状態のまま、速く震わすことで出ます。
この、声帯を伸ばすための筋肉を鍛えれば、高い声が綺麗に出せるようになります。
そのほか、シャウトやささやき声、音量のコントロールなども声帯の筋肉がしっかりしていればしているほど、上手く行うことが可能になります。

声帯周りの筋肉を鍛える方法のひとつとして、喉仏を意識的に下げるといった方法があります。
普段、私たちが声を出すときには喉仏が自然と下がるのですが、これを声を出さずに行うトレーニングです。
始めは、口まわりや喉の辺りに変な力が入ってしまうと思います。しかし、慣れれば自由に喉仏を上下に動かすことができるようになるでしょう。
このとき、なるべくリラックスして力を抜くことと、舌を喉の奥に引っ込めないようにするのがポイントです。

喉仏が自由に動かせるようになったら、少しずつ力を加えてみましょう。
この動きを定期的に行うことで、普段はなかなか使うことのない声帯まわりの筋肉を鍛えることができます。

好きな曲で裏声を鍛えて、同時に声帯も鍛えてしまう一石二鳥な方法

厳密に言えば、声帯という器官を鍛える事は出来ません。

声帯は喉の左右に2本ずつあるヒダ状の器官であり、筋肉と靭帯で構成されています。これは普通の筋トレのように鍛える事が出来ない筋肉です。

「声帯を鍛える」といった場合、声帯の周りの筋肉を鍛える事を指します。
(これも厳密に言えば鍛えるとは違い、周りの筋肉の動きを意識出来るようになるという意味)

声帯周りの筋肉を意識出来るようになると、その筋肉を上手く使えるようになり、声帯をより良く振動させて、良い発声が出来るようになります。
つまり、声帯周りの筋肉を鍛えることで、良い声が出せるようになるという事です。
声帯周りの筋肉で発声に関わるのは「輪状甲状筋」という筋肉であり、これを鍛える事が大切です。
輪状甲状筋は裏声を練習する事で鍛えられます。

普通に話したり歌ったりする時に出す「表声」は、輪状甲状筋をほとんど使われません。
ところが反対に、裏声を出す時は輪状甲状筋が使われます。
裏声を意識して出す機会が増えれば、その分、輪状甲状筋が鍛えられます。

好きな曲を1曲、裏声のみで歌うなどの練習をすると、この輪状甲状筋が使われ、鍛える事が出来ます。
裏声に慣れていないうちはキツイかもしれませんが、1曲楽に歌えるようになれば輪状甲状筋が鍛えられ、綺麗な裏声も出せるようになるでしょう。
さらに、裏声で輪状甲状筋が鍛えられると、表声を出す時にも使われるようになります

裏声を鍛える事で、表声も伸ばす事が出来るのです。