声帯を鍛えることで、声をスムーズに出すことが出来ます。声帯を動かすには「輪状甲状筋」という喉の筋肉が必要になってきます。輪状甲状筋は、声帯を伸ばして高い声を出すのに使う筋肉です。ミックスボイス、ハイトーンボイスを出すにはスムーズに声帯を閉じなくてはなりません。この感覚をつかむのにかなり苦労する方もいますので、普段どこでも練習できるように「声を出さずに鍛える方法」を紹介していきます。

まずは感覚をつかむために、「おー」とできるだけ低音の声を出します。そのとき唇は半開きにして、動かさないようにします。その状態の喉の形を保ったまま、今度は声を出さずに息だけ吐きます。

次に、「いー」と出来るだけ高音の声を出します。ここでも唇は半開きにして、口を動かさないようにして声を出します。そして、ここでも喉の形を保ったまま、声を出さずに息だけ吐きます。

この「おー(息だけ)」「いー(息だけ)」をゆっくり繰り返してください。息の流れを止めないように、一息で「おーーーいーーー」と唇を動かさずに続けてください。慣れてきたら、どんどん早く「おいおい」とやってみてください。

正しくできている状態で喉を触ると、のどぼとけのあたりがしっかり上下に動くのが分かるかと思います。結構はっきりとうごくので、出来ているか出来ていないかはわかりやすいです。

最初からこの動きがはっきり出来る人はなかなかいません。やはり、喉の筋肉も他と同じで、動かしていないとなまっているんです。この練習はいつでもどこでもできますので、時間があるときにやってみてくださいね!