腹式呼吸で通る声に

通る声の出し方の練習方法は脱力することを理解することと腹式呼吸にあります。脱力することができれば基本的には声は通ります。緊張している声はくぐもってまったく響き渡りません。いわゆるリラックスした状態というものを作り出すことができれば通る声を出すのはとても簡単なことになります。

それほど難しい行為ではないのであなたも力を抜いて声を出してみればいいんです。あなたの音域が狭いのであればその音域に会うような曲を歌えばいいだけです。そうすれば長く続けていれば越えも次第に楽に出せるようになりますしより簡単にもなります。音楽に力と言うものは必要ないのでただ知識であったり力の抜き方であったりをひとつずつクリアしていくことでそれを理解することが一番の近道になるわけです。

音程や音階の理解

それができたら音程や音階の理解などを進めていき楽器などを時間をかけてゆっくり勉強していけばいずれ音楽と言うものがどういうものであるかの把握にもつながります。音楽の理解が十分なものに成ってからいろいろな音楽を覚えていくのもいいと思いますし音楽を聴いてからあとから知識を増やしていくのもいいと思います。

そして覚えて要ったたくさんの音楽が結びついたときに貴方にしかわからないことが生まれてくるのでそれをうまく活用していけば素晴らしい音楽の体験があなたにはできるようになるわけです。音楽で一番大切なことはそれを楽しむと言うことにあります。それ以上でも以下でもありません。