シャウトと言うものは英語で叫ぶと言う意味を表します。
基本的にシャウトと言うのは怒鳴るような感じで歌うことをいいます。
もしシャウトを正しい方法以外で行うと確実にのどを痛めます。
のどを酷使するという意味でシャウトと言うものはまったくもって論外である代物です。

けれどもロックンロールと言うものがある限りそんなものは知ったこっちゃないということなので
シャウトと言うものを説明します。シャウトを行っているバンドで日本で有名なのは
リンキンパークと言うバンドであると思います。

このバンドのボーカルは非常にシャウトと音程の保つ力が優れていることで有名です。
ほぼのどがつぶれずに原曲のクオリティを維持したまま歌を歌い続けることができる方です。

彼の曲を真似するのが一番有効なシャウトの方法であると思いますがほとんどの方には
英語と言うものが馴染み深いものではないと思うのでそれ以外の方法を考えますと
日本のですメタルのバンドでデスボイスを覚えてシャウトに移行する方法が一番現実的な
ように思います。

シャウトが叫び声だとするとデスボイスはひたすら
低いのろいのかけるときの声のようなものとでも表現できますでしょうか。
デスボイスはシャウトの部分を合わせもつのでシャウトが地声で行うものと仮定すると
デスボイスはファルセットを使用するものと考えられます。

要するにそれぐらいの違いがこの二つにはあるということです。このふたつを
マスターするためには音程の練習が必要です。