カラオケなどでスーパーフライの曲を歌う人はたくさんいると思いますが
高音が高くて歌えない!地声と裏声の区別なく歌いたい!
と悩みながら歌っている人も多いのでは?

スーパーフライの志帆さんの声はとても特殊な声で地声と裏声の区別がつきません。
とてものびのびと歌っているように聞こえますね。
声の出し方は喉で歌っている方法ですが、低いところは喉を開いて
高音域は喉で力んでいるような発声をしています。

もともと声が低い人がこの歌い方を真似していると、喉を潰す恐れがあるので
オススメできません。
声は、ただ声帯からそのまま音になって出ていくのではなく、口や鼻の空間に
音を響かせることによって声が出せるのです。
ですから、口の奥の空間を広げてしっかり頭に響かせましょう。
このようにすることで喉が開きます。喉が開くと、太くて響きのある声になるので
スーパーフライのようなのびのびとした太い声が出せるようになります。

喉仏が上がっている人は、喉仏を上げないように気をつけなければいけません。
この喉を開けて頭に声を響かせることを意識することで、自然と喉仏が上がらなくなります。
女性は喉仏がわかりにくいかもしれませんが、口を大きくあけて
低音から高音まで発声してみましょう。その時に喉に手を当てると
あがったりさがったりする部分に当たると思います。それが喉仏です。

この喉の開きを意識しながら歌うことでスーパーフライさんのような
声に似た声がでると思います。小さな声で練習を続け、少しずつ声量を足してください。
くれぐれも喉を壊さないように気をつけましょう。

スーパーフライのように歌えるようになるには?

いまやカラオケでは必ず誰かが歌うんじゃないかというほど、有名ですよね。でも、スーパーフライのようにハ
イトーンも力強く歌えている人って少ないんじゃないかと思います。「高い声は出ても、裏声を使っているから
高音で声が小さくなってしまった」とか「声量を保ちたくて高音でも地声を使ったところ、最後まで歌いきる前
に声が枯れてしまった」とか、悩みは絶えません。

高音でもしっかりした声を出すには、「ミックスボイス」という声の出し方を身につけることが必要です。ミッ
クスボイスを使えば、低音でも高音でも声量を保ったまま歌えます。そのうえ、地声と裏声の境目が分からなく
なるようにもできます。

スーパーフライはもちろん、多くの歌手と呼ばれる人たちは「ミックスボイス」を使って歌っています。それで
も売れている人たちは、その技術のほかにも「個性」が求められます。たとえば、有名な歌手は、何を歌っても
声で聞き分けられる方が多いです。声に特徴があるということは、素晴らしい個性です。

スーパーフライも、声に特徴を持っている歌手の一人だといえます。彼女は「JanisJoplin」という
1960年代に活躍していたアメリカの歌手に憧れていて、歌い方も彼女を意識した歌い方になっています。
Janisも力強く、パワフルな歌い声です。

「ミックスボイス」の出し方にはコツがありますので、また紹介していきたいと思います。

スーパーフライさんの真似できない声

superfly さんとご存知ですよね。

superfly さんの声をよく聞いていると高音が高かったりするところが多いのですが。

本当に特別な声を使っていて、声の中でもどれが地声なのかわからないぐらいです。

ですがとても力強くしっかり歌っていますよね。素晴らしいと思います。

でも、 superfly さんのまねをしようとすると難しいものがありまして、

ただ彼女は声が低くてパワーがあるというだけではなく、

高音もでるわけなのでしっかりと声を喉から出すのではなく、

頭のてっぺんから出すような感じで歌って言ってみてください。

そして口は大きくかけてください。

そうすると superfly さんに少しでも近づけると思います。

いろいろなボーカリストの方がいらっしゃいますが本当に真似できる方は一部だと思います。

特別な特徴があって歌いやすい人という人しか物真似はできないと思うんです。

なので superfly さんの歌を歌える方は物真似ではないと思います。

それは本物だと思います。

なので、練習は難しいものからやっていくといいかもしれませんで

superfly さんの声の出し方を研究し、

Superfly さんから歌っていくととてもしっかりとしたが声が出せるようなると思います。

太い声というのが出せるようになると思います。

ただし、もともと声が低い人には合わないということは覚えておいてください。

それでは自由に声を操れるように superfly さんの歌を練習してみましょう。

並大抵の努力ではうまくならないと思いますが、頑張りましょう。

Superflyの発声について

非常に歌唱力のある日本人の女性ボーカリストとして名高い、Superflyの越智志帆さん。彼女の聞いていて気持ちよくなるボーカルは、どのように発声して出されているのかを調べてみました。
まず、彼女の発声の中で高音域のパワフルさが魅力だと思います。これは、ミックスボイスを上手に使いこなしていることで出せるものです。

ミックスボイスの出し方は諸説あり、「鼻腔に共鳴させる」や「声帯を閉鎖したまま喉を開く」など様々言われますが、これはコツを掴まないとなかなか文章では感覚を伝えるのは難しいようです。ミックスボイスは、一言で言うと「息漏れの少ない裏声」のことを言います。反対に「息漏れの多い裏声」はファルセットと言いますね。ミックスボイスは息漏れが少ないため芯のある声が、高音でも出せるんですね。

そのミックスボイス以外に、越智さんの発声の特徴として、「軟口蓋を上げる」ことと「喉を開く」ことが挙げられます。これらを練習することで、彼女の発声に少し近づくことができるかと思います。

1つ目の軟口蓋を上げた時の効果ですが、明るい音色になり、伸びやかな声が出せるようになります。この軟口蓋というのは、上あごのことで舌で触ると柔らかい部分のことを言います。軟口蓋を上げるコツとしてはあくびです。あくびをすると軟口蓋が上がるので、その感覚を覚えて発声するときにも上がるように練習します。

2つ目の喉を開くは、口腔共鳴を得るために必要になります。喉を開く感覚も、軟口蓋を上げる時の感覚と同じであくびをした時に得ることができます。
つまり、越智さんのような良い発声をする為の口の形は、あくびをする時の感覚を覚えることが大切だと言えますね。

(越智志帆)の爆発的な声量あふれるロックヴォーカルに憧れる

元々は二人組だったものの現在ではヴォーカリストの越智志帆のソロプロジェクトとなっているSuperfly(スーパーフライ)。
2008年の『愛をこめて花束を』で大ブレイクを果たした彼女ですが、みんなが度肝を抜かれたのはその声量。

ともすれば豊かな肺活量を武器にした和田アキ子的発声と誤解されがちだけれど、実はビート感がまるで違います。和田式は8ビートであり、Superflyは確実に16ビートの申し子なのです。

ベースの音楽性も和田が60年代ソウルなら、Superflyは70年代ブルースロックという大きな違いがあります。

単純にこうした声量爆発型の歌唱スタイルは、思い切って大きく行きを吸い込めば可能かと思われがちですが、実際は息を吸いすぎることによって横隔膜が緊張してしまい、思ったより声量が出ないと言うことになりがちです。

それよりも大切なのは響かせ方。基礎的な肺活量を鍛えた方が良いのはもちろんですが、実際の発声は声帯に一切力を入れずに、首、舌、舌の根、唇、鼻腔に至るまで脱力して響かせることが必要なのです。

もちろんそれらを支える腹筋・腹直筋を鍛えておくことも大切です。イメージとしてはかかとから声帯、口の開く角度まで一本のラインになることが理想。全身を使って響かせるからこそあの声量が実現できるのです。