人前で歌を歌うときに、悩んだことはありませんか?
現代はカラオケに行くということも遊びの1つです。
歌がそんなに上手ではないのに。と悩んでいる人も少なくはないのでは。
特に高音が出ないと悩んでいる人は高音発声に有利なエッジボイスを出す
練習方法がありますので是非試してみてください。

エッジボイスとはなんだろうと思った人もいると思います。
エッジボイスはボーカルフライとも言うのですよ。
テレビでよく見る、志村けんさんの声や、安田大サーカスのクロちゃんの声
と言ったらイメージがわくでしょうか。
甲高いような、イメージの声です。
これを体の構造的に言うと、声帯が閉まった状態で声を出すということになります。

このエッジボイスを習得するために、まず声帯が開いている状態を
感覚として覚えましょう。声帯が開く時は、ため息をついたときに息が多く「はぁっ」
と出ると思いますが、この時、実は知らない間に声帯は開いているんです。
少し意識して、ため息をついて実感してみましょう。

次に、声帯が閉じた状態からほんの少しだけ開いた状態をつくります。
普段話す声の音量で「あーーーー」と声を出してみてください。そしてパッと発声を止めます。
この状態をキープして、少しだけ息を吐きます。ほんの少しだけです。
その時に出る声がエッジボイスになります。
ため息のように吐いてしまうと、声帯が開いてしまいますので注意してください。

その他、「え」の母音が入る「メー」を使って、山羊や羊の真似をすることで
エッジボイスの感覚がつかめます。

このようにエッジボイスを習得すると、高い声を出すときに
スムーズに出すことができるようになります。