歌の発声練習はできるだけ毎日行わないとベストな声の状態を保ち続けるのは難しいと思います。バレリーナはトレーニングをしない日が一日でもあると、体の鈍りがすぐわかるそうです。日々のトレーニングを怠らないバレリーナのように、ボーカリストも
毎日の声出しをお勧めします。

ボーカリストが自主練習をする際、音楽スタジオをやカラオケボックスを利用することが多いと思います。しかし、お金がかかるというのが難点だったり、スタジオの空きがなかったり・・・ということもあるでしょう。
自宅で練習をしたくても、家族と同居であれば気を遣うし近所迷惑にならないか心配で、自分のベストなタイミングで練習するのは難しいですよね。

そんな時は是非、お風呂で思いっきり声を出しましょう。といっても、お風呂でシャワーを浴びながら大きな声で歌うのではありません。湯船に浸かっているときに、大きく息を吸いお湯の中に潜って「わー」でも「おー」でも良いので叫びます。
これは、私がボーカルのボイストレーニングを始めたばかりの時に、普段、大声を出す機会はなかなかないのだから声量アップの為にと先生から教えられたトレーニング方法です。声量に自信の無い初心者には特にお勧めですので、実践してみてください。

普段忙しくなかなか練習に時間が取れなくて「今日は一回も歌わなかった・・・」というときは、この方法で声出しをすればトレーニングの効果は得られますので、力強く幅広い声が楽に出せるようになりますよ。