今年の3月に行われるWBCですが、今年はメジャーから1人だけチームに入りWBCの優勝を奪還しに挑戦します。日本のプロ野球には大谷翔平という最速165キロの選手がいますが怪我してしまいWBCを辞退してしまうという結果になってしまいました。代わりに召集されたのがソフトバンクの武田です。魔球と言われるあのカーブは通用すると思います。投手陣は全体的に通用すると思いますがメジャーから前田や田中を招集できなかったのはでかいと思います。また野手陣についてはメジャーから外野の青木が招集されています。青木は今回のWBC最年長での参加でリーダーといってもおかしくありません。野手陣ではDeNAの筒香や日本ハムの中田のパワーのある選手が4番を務めると思います。また日本の野球の醍醐味といってもおかしくない「繋ぐ野球」を見せて優勝へと導いてくれるのではないかと思います。