皆さんは「ユニゾン」と「ハモリ」の違いが分かりますか?
「ハモリ」はかなり一般的に使われている言葉なので、もはや説明するまでもないかもしれません。

「ユニゾン」は同じメロディのこと。「ユニ」の語源はラテン語で”1つ”という意味で、現代英語では「単一の」とか「同一の」という接頭辞(単語の頭にくっつくもの)です。
ですから「ユニゾンで歌ってみて」というのは、あるメロディに対して、それと全く同じメロディで歌う(オクターブ違いもあり)という意味です。

一方「ハモリ」は「ハーモニー」、つまり「和音」という意味なので、あるメロディに対して、違う音程で進行してハーモニーを作るという意味です。
「3度でハモって」なんて言われた場合、あるメロディに対して3度違いの音程でメロディを付けていくことになります。

曲によっては、「ユニゾン」と「ハモリ」が混在して進行していくメロディラインを持った曲もあります。ちょっと古いですが、ザ・ピーナツの「恋のバカンス」なんてこの典型です。

その他、4声や5声で構成されるハーモニーなどでは、一番下のボトムと一番上がオクターブ違いの「ユニゾン」で、その内側で主旋律+1~2つのメロディが絡みつくように「ハモリ」ながら進んで行くという構成がよくある常套手段です。

カラオケで誰かが歌っている時に、「ハモリ」を歌う気マンマンで参加するも、結果的に「ユニゾン」になってしまった……正に“カラオケあるある”ですね(笑)。

オクターブユニゾンとは

オクターブユニゾンとは、1オクターブをへだてて、上と下で同じ音を演奏することです。
オクターブ下の音でメロディにハモると、よりメロディを強調させるような効果が得られます。
楽器以外でも、ボーカルとハモりがオクターブユニゾンで歌うことで、ボーカルに厚みを出すことができます。

「ユニゾン」とは、合唱または合奏において、複数の声部が同じ旋律を担当することをいいます。このうち、オクターブの違いがあるものを「オクターブユニゾン」といいます。
オクターブユニゾンは、オーケストラの弦楽器に限定しても第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリン」「ヴァイオリンとチェロ」「チェロとコントラバス」「ヴァイオリンとヴィオラ」「ヴィオラとチェロ」など、組み合わせはさまざまです。
管楽器で一番多い組み合わせとしては、「トランペットとトロンボーン」です。他にも、「トランペットとトランペット」「トランペットとアルトサックス」などでもよく使用されています。
気をつけることは、そのフレーズがそれぞれの楽器のどの音域を用いることになるのか、また、その楽器のその音域はそのフレーズに適しているかどうかということです。
オクターブユニゾンで音を鳴らすことで、芯のある音を作ることができます。

音を太くしたい場合、低域を補いたい場合には1オクターブ下を、逆に抜けのよい音にしたい場合には1オクターブ上を重ねると効果的です。

ハモリとユニゾンの違い?

「ハモリ」と「ユニゾン」の違い、わかりますか?「ハモリ」とは、「和音」を鳴らす、ということです。「3度ハモリ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

三度ハモリとは、メロディに対して、上下3度でハモることをいいます。「3度」とは、基準の音に対して3番目の音、例えばドであれば、ミになります。和音は基本の法則があります。基準の音を1として、3度、5度の音を重ねたものが一般的な和音です。

例えば基準の音をドとして、3度のミ、5度のソを重ねて、ドミソの和音、というわけです。それを一緒に歌うと、「ハモる」ということになります。メロディに対してハモるときは、基本的に3度ハモリをすれば大体間違いはありません。

もちろん、例外はたくさんありますが…カラオケなどで、うまくハモるひと、いますよね?その人もきっと、基本の3度の和音をしていると思いますよ!注意して聞いてみてくださいね。一方「ユニゾン」とは、「同じ音(オクターブ違いも)を一緒に歌う」ことを言います。みんなで同じメロディを歌うことです。

一見簡単そうですが、意外と難しいんですよ。楽器では簡単に音を合わせることができますが、人それぞれの歌う癖がありますので、合わせるのはたくさん神経を使います。

しかし、ユニゾンでぴったり声が揃ったとき、ぴんと張り詰めた響きになって、とても清々しい気持ちになると思います。ハモリとユニゾン、違いがわかりましたか?複数人で歌うときには、ハモリとユニゾンを効果的に使って歌いましょう!

ハモリとユニゾン

『ハモリ』とは、2人以上で歌うときに、同じメロディを違う音程で歌うことです。
違う音程といってもキレイに聴こえないといけないです。
例えば、「ド」と「ミ」のように、3度の和音というは有名ですね。

『ユニゾン』とは、2人以上で歌うときに、同じメロディを同じ音程で歌うことです。
これだけ書くと簡単そうですが、少しでもずれると『ユニゾン』にならなくなるので、きちんと『ユニゾン』するのは難しいです。

『ハモリ』も『ユニゾン』も音程がきちんと合っていないと、ただ聴き苦しいだけです。
しかし音程以外にも大事なことがあります。
それは『声の質』です。

アーティストで言えば、「ゆず」さんと「コブクロ」さんがわかりやすいと思います。
どちらも2人で歌い、ハモったりユニゾンしたりしています。

ゆずさんは、2人の声の質が似ているので、『ハモリ』にしても『ユニゾン』にしてもどちらも同じ音量で歌っても、キレイに聴こえます。

しかしコブクロさんは、お2人の声の質がかなり違います。
黒田さん(背が高い方)は、太くてしっかりした声をしていますね。
そこで、コブクロさんは『ハモリ』にしても『ユニゾン』にしても、主旋律は黒田さんが担当し、小渕さんの声はとても小さくしています。
これは、コブクロさんたちが、太くしてしっかりした声を活かしたいということから、そのようなスタイルにしたのでしょう。

声の質は、訓練次第で変えることができます。

モノマネをやってらっしゃる方は、みなさんきちんと発声ができ、声帯が自由に使えるので、色々な声が出るようになるのです。
逆から言えば、きちんとした発声や、声帯を使う技術ができると、モノマネができるということです。

話はそれましたが、ゆずさんのように声質が似ているのであれば、同じような声量で歌えば、『ハモリ』はよく聴こえます。
特に『ユニゾン』は声の量が2倍になるので、盛り上がるときにはとてもよいと思います。

でも、もし練習不足で音程をきっちり取れないときなどは、1人(主旋律ではない方)の声を小さくする、という対策をとればよいと思います。
もちろんきちんと練習して歌える方がよいですが、TVで生声で歌っている方でもそのようにしている方をみかけます。(多分PAさんが調整していると思うのですが)。
でもその方が、合わない『ハモリ』『ユニゾン』を聴かせるよりは、よいと思います。

キレイにハモったり、ユニゾンしたりは歌っていて憧れますよね。
練習のときは、録音して後で聴いてチェックして、キレイな歌を歌ってください。

ユニゾンやハモリのコツ

ユニゾンとは歌や音楽で同じ高さの音、オクターブ違いの音を言います。ハモリとはハーモニーのことで“和音”とも言われ、違う音を重ねることを言います。ユニゾンは同じ音なので比較的簡単ですが、難しいのがハモリです。

合唱をやったことがある人は経験したことがあるかもしれませんが、ハモっているつもりが気が付いたらユニゾンになっていたことありませんか?まずハモリを入れるには、和音を理解していることが必要です。まず一番簡単なのは3度でハモルことです。音で言うとドミソやレファラなどです。

ただ、突き詰めていくとすべてが3度でハモレばいいかというとそうでは無いことも多いので、和音の勉強が必要となってきます。ハモリの代表的なアーティストはゴスペラーズやコブクロ、ケミストリーでユニゾンの代表的なアーティストはAKBなどが上げられます。

カラオケに行ったらジョイサウンドMAX!

カラオケの機種には主に「ジョイサウンド」と「ライブダム」があります。ジョイサウンドは曲数が多く、ライブダムは本人映像(PV)が多いという説明がなされることが多いです。今回はジョイサウンドについて紹介します。
ジョイサウンドシリーズの最新機種、「ジョイサウンドMAX」は、カラオケを全力で楽しみたい人はもちろん、苦手な方でも楽しみやすい工夫がされています。
カラオケではリモコンを操作して選曲しますが、MAXのリモコンはタブレットのような形になっていて、直感で操作しやすくなっています。
その中の「いますぐミュージシャン」という機能は、タブレットが楽器になるというものです。例えばピアノを選択すると、タブレット一杯に鍵盤が表示されます。
対応曲であれば、楽器が弾けなくとも適当に押しているだけで、綺麗なハモリを演奏してくれるのです。
またカラオケを楽しみたい方には、「オートボーカルエフェクト」という機能があります。これはボーカロイドのような声質を自動で真似、機械のような音にしてくれます。
いつもライブダムで楽しんでいる方も、MAXは体験してみる価値がありますよ。

ハモリやユニゾンは歌う文化の産物

大勢でカラオケに行くと、たいていその中でハモリをする人が結構多いです。
一人カラオケしか経験したことのない人にとっては、一緒に歌わないで欲しいとか、
あるいはハーモニーが楽しいなと感じることがあるでしょう。
これをきっかけに大勢でカラオケに行く機会が増えて一人カラオケを卒業する人も多いようです。

また、ユニゾンという言葉があります。これはハモリとは異なり、同じメロディーを歌うことを
意味しています。たいていカラオケでユニゾンをする人は少ないと思いますが、
プロのボーカリストを大勢集めてユニゾンを行うと非常に綺麗な音源が取れることもあります。

ここでユニゾンとハモリはどのような違いがあるのかを簡単に説明しますと、
ユニゾンは同じ単一のメロディーを歌うことで、ハモリはライクなメロディーを歌うことです。
厳密にライクなメロディーとは何かという意味への定義付けは特にありませんが、
ドレミの音階を少しずつ下げていくと自然とハーモニーなイメージが沸いてきます。
このハーモニーを行うことがハモリという言葉の由来になっています。

さて、有名なボーカリストを集めてハモリをやったりユニゾンをやったりする番組が
音楽番組で放送されることが多々ありますが、これは一般の方々でも出来ますから、
健康的に歌う意味ではとてもオススメな方法です。

また、会社などでコミュニケーション不足を解消するために、ハモリなどを
楽しむところも多いようです。

ハモってみよう

ゴスペラーズというグループをご存知でしょうか。この方たちのハモリは心地よく、聞いているだけでとても癒されます。自分でもやってみたいと思うけど、なかなかプロのようにはなりません。

でも、素人でもまずはじめにプロに近づくために、ハモリをやるとすると簡単な方法は、3度上をハモることです。

例えば主旋律がドなら、ミでハモっていくということです。この感覚をマスターすれば大抵の曲に対応します。三人いれば、3度下の音も入れていくといいでしょう。

ハモリの練習題材として、理想のモデルはわかりやすいのは由紀さおり安田祥子さんでしょう。誰もが知っている童謡などにハモリをとりいれているので、なじみもあります。

最近の歌手で言うと、ケミストリーやエグザイル、ファンクザピーナッツ、そして先程も出てきましたが、忘れてはいけないゴスペラーズです。

彼らほどのハモリを目指すのは、難しいですが、まずは、基本の3度ずらす方法でハモリを練習してみて、慣れてきたら、自分なりに気持ちのいいハモリのパターンを見つけていくのもいいと思います。

ただ、この場合気持ちのよいハモリでない場合、むしろただの音痴として、認知されてしまうおそれがあるので要注意ですね。あと、ハモる上で大事なことは、ハモりは名脇役だということです。

どんなに素敵なハーモニーの仕組みでも、ハモる人がドデカイ声で歌ってしまっては、台無しです。

自分の焼き割とはなんぞやと分かっていないと、周りに迷惑がられておわってしまいます。それだけは、避けたいですね。

表現の幅が広がるハモリ

コーラスなどでよく聞かれるのが、「ハモリ」という言葉。
綺麗にハモった歌はとても気持ちいいものですが、この言葉、もともと音楽用語で「和声」や「調和」を意味する「ハーモニー」という言葉から生まれたものなのです。
ハーモニーは、一人では生み出せません。
簡単に言えば、一人が歌っている音に対して、コーラスを入れたり別のメロディーを歌ったりすることがハモリです。

ハモリの代表的な例は、合唱です。あれはいくつものパートがハモっているのです。
また、CDなどでプロのミュージシャンの歌を聴いていても、何重にも声が重なっていることがありますよね。
あれはまさにハモらせて録音しています。
ハモることで、より表現がダイナミックになりますし、幅が広がるので聴いている方もとても気持ちいいものです。
しかし、適当な音でハモっていては逆効果。
「不協和音」という言葉があるように、音には聴いていて気持ちいい音の重なり具合が理論づけられていて、それを外した場合、基本的に人は不快に感じるのです。
あえてそれを狙う場合もありますが、やはり綺麗なハモリというのは、きちんとした和音の音楽だとされています。

ハモリをちゃんと練習するためには、その和音の仕組みを学ばなければなりません。
けれども、私たちは生まれてから日常で音楽に接することが多いですよね。
そのため、自然と身に付いていて、特に意識しなくても気持ちいいハモリができることも多々あります。
ハモっている音楽を聴きながら、自分で合わせて練習してみるのもいいでしょう。

最近のストリートミュージシャンとハモリについて

皆さんいかがお過ごしでしょうか。先日、駅前の路上でライブをやっていた二人組がいたので聴いていたのですが最近は規制が厳しいのかすぐに止められていました。少し残念な気持ちですがこれもしかたがないことなのだと思いました。10年程前ならば色々なストリートミュージシャンがいましたが最近はあまり見かけなくなりました。

バンド活動をやっていると気付くのですがバンドの良さはボーカルにかかっていると思います。演奏している時に声の部分でボーカルの良さを際立たせるのがコーラスです。3度下でコーラスした場合は主旋律はボーカリストが歌っているので音量はボーカルが目立ちます。逆に3度上でコーラスした場合は主旋律はボーカルが歌っているのですが声の高さが違うので声の量もコーラスが大きくなります。マイクのしぼり具合にもよりますが3度上でコーラスした場合はなるべくボーカルの声を大事にし潰さないようにコーラスしたほうがいいと思います。

コーラスはとにかく歌の練習をした量に比例して上手くなっていきます。はじめの頃はなかなかコーラスの音程が分からず譜面を見て音を探していうという流れ、作業なのですが慣れてくると初見でも分かるようになります。日頃からハモれる部分をなんとなくでいいから口ずさんでおくとすぐに慣れていきます。コーラス部分を見つけることが出来るとバンドだけではなくカラオケでも使えすので実践してして下さい。タイミングを見ながらハモったほうがいいと思います。

楽曲に彩りを与えるユニゾンとハモリ

歌モノの楽曲で、メインとなる主旋律の他に、同じ歌詞を重ねる手法があります。
「ユニゾン」と「ハモリ」と呼ばれ、両者の違いは、同じ音程で重ねるのがユニゾン、違う音程で重ねるのがハモリとなります。

ユニゾンは主に違うボーカリストが歌うと効果的で、ボーカルにとらわれず、例えば違う楽器同士で同じ音を演奏する場合(とりわけオーケストラのストリングスなど)、バラバラに演奏していたものが統一して同じ音を鳴らすことで一体感が生まれ、力強さが生まれます。

ハモリは、主旋律に対して、3度上、5度上、3度下などの音のメロディーラインを歌うことを言います。さらに3度上(元となる音も含め3つ上に数えます)にも、ドに対してミのような長3度、ラからドのような短3度に分かれます(※詳しくは音楽理論で)。

注意するべきは、コードの構成音や、そのコードのテンションにない音で歌うと、不協和音になります。Am時に、ラの長3度のド#で歌うと違和感が出ます。

このハモリに関しては、常に和音のハーモニーを意識しながら歌を聴くことが確実なトレーニングになります。ドにはドミソのコードC△の和音のハーモニーがあります。ドが鳴ったらミとソのハーモニーを感じる訓練をします。

ハモリに関しては、中学生でも綺麗に出来る女子もいれば、プロでもハモれない人もいるという不思議な世界です。しかし、理論を覚えれば誰でも考えてできるようになり、自分の楽曲に彩りを与えることができます。ぜひチャレンジしてみましょう。

ハモリはコードに合わせて考える

よく、カラオケなどでも、ハモるという言葉を耳にしますが、ではハモリとはどういう状態をいうのでしょうか。ハモリとはメロディーに対して、そのメロディーがより美しく聞こえるようにハーモニーを付ける事と定義されています。

3度上、4度上、6度上などと表現する事がありますが、これは、伴奏の和音に合わせて、3度上の音階だったり、4度上の音階だったり、6度上の音階だったりをハーモニーとして付ける事によって、よりメロディーが美しく聞こえるようになり、俗に言う、ハモるという状態になる訳です。伴奏の和音ときれいにハモっているのが条件となり、伴奏の和音によって出す音階は変化します。

最も大切な事は伴奏と合っている事です。

このように伴奏とハーモニーは密接な関係にあり、伴奏コードによりぴったりくる音階を示すものでコードに対して、何度という事ではなく、伴奏に対してぴったり合うという曖昧な表現ですがこれがホントのハモリなのです。酷い響きになる場合があり、一概にこの時はこれといったものではありません。

この伴奏コードにぴったり合う音階でメロディーを付ける事によって、結果としての3度上だったり、4度上だったりするのであって、何度上かというのは結果論でしかありません。

コードが決まっていない場合はハモる事ができません。したがって、コードが決まる事がすなわち、ぴったり合うハーモニーを決めるのであって、その時にこそ、美しいハモリが完成するのです。

ハーモニー能力開花法

音楽番組などやインターネットの動画サイトを見ていると、有名なボーカリスト同士のコラボレーションをよく見かけます。

普段は主旋律を歌っている人が、お互いにハモり合う様子がとてもカッコいいですよね。

自分もこんな風にハモってみたい!そう思いませんか?

それにはやはり音感が必要です。

どちらのパートともきちんと安定してメロディを歌えてはじめてハーモニーになるのです。

その為に、音感を鍛える練習をしましょう。

ピアノやギターなどで「ドレミファソラシド」のうち「ド」と「ソ」を交互にならし、それに合わせて発声します。

発声は「あ~♪」でも何でも良いです。

この「ド」と「ソ」の関係を五度の関係と言います。

この五度の関係というのはとても綺麗なハモリを生み出す関係です。

この離れた音階を交互に発声し、感覚を掴んだら、今度は楽器で「ド」の音だけ出して、自分は「ド」「ソ」を繰り返してみましょう。

最初は難しいかもしれませんが、距離感さえ掴んでしまえば、「ド」以外の音でもこの五度の感覚がわかってきます。

ハモリは奥が深い世界ですが、まずはこの五度の感覚を掴んでしまう事が良いと思います。

歌の世界は深いですね

コーラスとユニゾンの違いってわかりますか?私も実は知りませんでした。正直なところ。

それで知ってよかったなと思ったのが歌を勉強していく上で必要なことだったからです。私は普段自分でハモリなどはいりません。ですのでコーラスを使っていません。

コーラスは音を重ねてとる。声を重ねて取るという感じなのですが。ではユニゾンとはと思ったんです。

実は私ユニゾンて初めて言葉で聞きまして、ユニゾンというのはこの同じ音程を利用し、それを違う楽器で演奏する場合にも使われるらしく、もちろんこれは歌でも言えることだと思います。

コーラスというのは基本ハモリです。

なので違うメロディーを歌います。

ですが、ユニゾンは女らしい音程で歌います。その違いというわけです。

それが実際に自分の声を重ねて見たときにこう違うんだということがわかるようになるといいですね。

私もこれからはユニゾンも使っていきたいと思います。次回のレコーディングを5月に控えておりますので、その時に先生に相談しようと思います。

楽しいですねやはり音楽というのは。奥が深いと思いました。実力なる歌い手を目指してるのでこのように少しづつでも勉強していきたいです。

しかしギターも弾けるようになりたい。そして弾き語りもしたい。まだまだ長い道のりになりそうですがとりあえずは歌唱力を身に着けることをしたいです。

誰が来ても納得いってもう一度聞きたいと思われるような歌を歌って期待です。贅沢かもしれませんがよくは止まりません。

簡単なハモリの練習方法

最近はエグザイルなどがとっても人気で、ツインヴォーカルのハーモニーがとっても魅力的に感じている人も、多いのではないでしょうか?

やっぱりひとりで歌っているよりも、ハモリが入っていると曲のイメージもぐっと上がりますし、カラオケなどに行ってもより盛り上がりますよね。

ただし、このハモリ、キレイにハモれていないととてつもなく気持ちの悪いものになってしまいますので、ハモる感覚が分からないかたはちょっと練習しておく必要があるかもしれません。

ハモる、の基本中の基本とはメインのメロディの音の2つ隣の音、という感じ(合わない場合もありますが)です。
例えば♪ドレミファソ、と歌ったものにハモるなら、♪ミファソラシ、という感じですね。

この感覚はハモっているうちに、気持ちのよい和音になっているかどうかがだんだん分かってくるので、まず簡単な曲、歌をCDなどで流してみて、それに合わせてずっとハモってみてください。

もちろんハモるのは、この基本でなくてはいけないということはないので、練習しているうちに下でハモってみたり、同じ間隔の音ではないハモリというのも何となく分かってくると思います。

楽器をやっている方なら、この感覚は比較的すぐつかめると思いますが、楽器をやったことがない方の場合は、歌を流しながらハモっていくという練習をするのが一番てっとり早いと思います。

これはまずやってみて、その感覚を掴まないと始まらないですね。

影の立役者 ハモリに注目しよう

ポップスの楽曲には、ほとんどの場合ハモリパートも録音されています。
ハモリとは、主旋律を引き立たせる為の脇役的旋律、もしくは、
重なって出来た音自体をハモリと呼ぶ場合もあります。

旋律がとても引き立つので、その曲で強調したい部分・・・大抵の場合は
サビ部分に用いられますが、音に広がりや厚み、何より和音の響きの心地良さで、
大変効果的な方法かと思います。

基本となるのは、主旋律の三度(一音半)下にハモリの旋律を持ってくる
パターンですが、五度(二音半)が入ったり、更に下だったり、主旋律より
高い音でハモる場合もあります。ただし、上でハモる場合は音が目立ちやすいので、
主旋律より前に出過ぎないようにする注意が必要です。

ライブの時などは、メインボーカルの脇でギターのメンバーがハモリを歌ったり、
予め同期させる音源にハモリを録音しておくなど、とにかく影の立役者として、
目立たないものの重要なパートだと思います。

その覚えにくい旋律や、目立たないといったところで敬遠されがちなのも
また事実ですが、バンドのオリジナル曲などでハモリもしっかり聴かせて
くれるだけで『ああ、しっかり曲作アレンジしてるなあ』となり、
印象アップは必須です。

なお、ギター二本で和音を奏でるのもハモリ、ギターとキーボードでも
ハモリです。どの楽器であれ、主旋律を奏でている裏で、引き立たせる
旋律がはいれば、それらは全てハモリです。
なお、歌のハモリパートに限ってはコーラスパートという言い方をする人も
います。どちらでも間違いではないので、言いやすい方で使って下さい。

ハモリとは?うまくなるには?

「ハモリ」とは、ハーモニー(和音)から変化した言葉です。
ハモリと言えば代表的な歌手「ケミストリー」や「ゆず」「こぶくろ」などがいますが、
どのように音程をとれば、綺麗なハーモニーに聞こえるのでしょう?

基本的なハモリの作り方といえば、主線のメロディーの3度上または3度下のメロディーを
とることです。たとえば、「ミ~♪」の音にハモる場合は3度上の「ソ~♪」あるいは
3度下の「ド~♪」の音だとハモリになるということです。

しかし、全部の音が3度上3度下でハモれるわけではありません。
そういうときには半音ずつずらして、和音ができる音を探しましょう。
なかなか難しい作業ですが、ここでハモリをマスターするポイントやコツを紹介します。

まず、好きな曲を聴くときも主線のメロディーではなく主線から分かれたパート(ハモリパート)
や伴奏をよく聞くことです。そうすると、なんとなく主線と合うハーモニーの音やパターンが
分かってくると思います。

そして、そのハモリパートのみで歌えるように練習します。よく、主線につられてしまう人は
ここの練習が特に重要です。ふとした時に鼻歌でうたってしまうくらい、耳や頭に覚えさせます。
それから主線のパートと一緒に歌います。最初は耳をふさいで自分の音に集中したい思いに
かられると思いますが、相手のパートを感じながら歌うことが大切です。

だんだん慣れてくると、ハモリにアレンジを加えたりできるようになります。ここまでくれば
バッチリです。主線とハモリの音が感じられるようになると、体で音をつかめるようになります。
カラオケなどで即興のハモリができる人は、この「音を感じる力」があるのです。

つられてしまう人でも、練習でいくらでも克服できます!
まずは自分の好きな曲で練習していきましょう♪