ヴォーカルとして歌を歌っていくうえでの訓練というのは多数あります。

その中でもやはり一番簡単かと思われる地声ですが、実はこれが歌に上手に生かせる方がなかなかいらっしゃいません。

ですので地声を強化する練習というものをします。地声とはチェストボイスといわれておりますがこの声がうまく利用できて歌に行かせるかたって少ないんですよね。

簡単なようでもしかしたら一番難しいかもしれません。

ですので、自分の話声をまず録音します。

そのあとに歌声も録音します。一度聴き比べてみてください。どこが違ってどこが地声じゃないのかわかります。

それを踏まえたうえで練習を重ねるべきです。横隔膜を鍛えることもとても必要になってきます。なぜなら地声で低音から高音まで出すことができます。

それがうまく聞こえる練習をしようというわけです。誰でも簡単にできますのでネットなどで調べて練習していきましょうね。

自分なりにいっぽづつ変化していけばいいのです。それが感じられないなら少しやり方を考えたほうがいいですね。

とりあえずは私の述べたようにまずは比べてみてください。

どれだけ自分は地声で歌ってないのか面白いほどわかりますよ。どんどん進めてやって練習していくとどんどん楽しくなってきますので歌うことは楽しいと感じながら進めていってください。

楽しけらば自然と練習もしたくなるものです。不思議なことですがそれが現実なんですよね。音楽。歌。唄。詩。楽しんで進めていってみてください。

損はしませんよ。ストレスの発散場所が増えますよ。楽しんでいきましょ~!