ひかりのお父さんをご存知だろうか。父と息子。その二人が壮大なファンタジーの世界を駆け巡り親子の絆を深めていくお話。このお話。実際にあったそうです。私自身、その壮大な世界を通じて、いろんな経験をしてきた一人。そう。私も光の戦士と呼ばれる中の一人。楽しい時も、苦しい時も、悲しい時も。その世界の中で親子揃っていろんな冒険をしていく。なんとなく親近感を覚えてしまうような身近な感覚。だがしかし。この二人は現実では親子であっても壮大な世界ではただの仲間であり親子であることを父には知らせていないのだという。いったいどのような話が展開されていくのだろうか。息子はひそかに冒険を通じて親孝行をするという目的をもっているようだが今後の展開が楽しみである。