ペットボトルのような飲み物などの容器を口に当てて一気に吸い込んでつぶすと言う方法があります。これは本当に難しいのでいろんなところの筋肉を使わなければつぶすことはできません。息だけを吸い込んでつぶそうとするととても難しいことがわかります。ですから息だけではない腹筋が必要になります。腹筋もといおなかから一気に息を吸い込まないとペットボトルはへこみません。

またペットボトルの種類でもつぶしやすいのとつぶしにくいものがあるので注意しなければいけません。そういったことを理解したうえでただひたすらおかしな人になったように吸って吸って吸いまくるわけです。別のものは吸わないでください。あなたにはペットボトルがお似合いです。ですからまずコンビニエンスストアに行って例のペットボトルのようなものを購入して口にあてがって妊婦のごとくひーひーふーしてください。

うそですが。何故ペットボトルが肺活量を鍛えるのに一役買うかといいますとそれはペットボトルが息を吸い込むのに十分な要領と口を持っているからにはカならないわけです。ようは目で確認できるからとてもいいと言うわけです。目でも確認できますのでつぶれなければ駄目だと言うことがわかりますしまた自分がどれだけの肺活量なのかと言うことを意識できるようにもなるわけです。特にペットボトルでなければならないと言うわけではありませんが一番手短です。