肺活量と言うものは基本的には肺の大きさで決まります。
肺の大きさが大きければ大きいほど肺活量と言うのは多くなります。
肺と言うものは基本的には袋なので伸縮性のある筋肉であるということもできます。
筋肉はいくらでも鍛えることができるので大きくさせたり小さくさせたりできるわけです。
肺の場合は筋肉の稼動域が大きくなることによって変化するといえます。

肺活量を増大させるためにはまず運動を用いることがいいでしょう。
運動の種類はどのようなものでもかまいません。それはマラソンでもいいですし
水泳でもかまいません。マラソンや水泳のような運動のことを有酸素運動と言います。
この有酸素運動を続けることが基本的には肺の増大につながりより健康的になれる
ということを表しています。

肺は空気を溜め込むための組織ですので肺から外に息を吐き出す呼吸と言う方法でも
肺を鍛えることは可能です。肺を一気に体から吐き出したり吸い込んだりすることは
肉体的に負担がかかるものですのでそれ自体が訓練になることもありえます。

ヨガなどは呼吸法によって精神統一を図るものですが
この呼吸方法を理解することもまたひとつ利につながるといってよいでしょう。

肺の運動と呼吸の仕方というのは密接に関係していますのでそれを理解するということは
様々な恩恵をもたらすことはまちがいありません。呼吸の仕方を変えることで脳の働きも
変化いたしますので大いに活用すべき事柄であると言えます。