地声を高くする方法は基本的に高音を使用する曲を歌い続けることにあります。
高音の曲を歌い続けていれば声がなれてくるので音域が若干広がります。
どこまでがファルセットでどこからが地声だと言うものが徐々に不明瞭になるのが原因です。

ファルセットと地声は基本的にバランスの取れたものですので普通
人はこれを異常な形で身に着けていることはまずないです。普通の人の地声と
裏声と言うものはどの人もあまり違いがないといってもいいでしょう。ただ
音域に関していいますと音域の広さや狭さと言ったのは才能としかいえない領域にいる
人たちもいます。どう考えても人が真似できないほどの音域を持つ人物はこの世にたくさん
いるからです。そのことを踏まえて話していきたいと思います。

地声を高くする訓練は実際に歌を歌ってみるかまたは発声練習をするかどちらかになります。
そのどちらかを行って自分の音域を確認しながら音程をとる訓練をするわけです。そして
徐々に低音部分を減らして高音部分を増やすと言うことを無理をしない程度に繰り返します。
そういう訓練を地道にしていくと音域と言うものが確実に広がります。一度広がった音域も
精神的な影響や様々なもので変化しますので注意しなければいけませんが
訓練次第でどうにでもなるものであることがわかります。

発声練習の場合は屋内でする場合 鍵盤などの楽器と合わせて音程を
取りながら訓練するのがいいように思います。それにより訓練すると言うわけです。

胸で響かせる地声の美しさ

声の出し方にもたくさん種類がある。裏声を利用、慣れれば自由自在に使いこなせるファルセットからおなかから突き上げるように声を出すこの技法を「頭声」といいまた肺に響かせる技法を「胸声」という。声を響かせる場所が違えば音程も音量も変わって来るのです。

勿論、この両者は腹式呼吸が出来ないと巧く声は出せない。ハイトーンボイスに比べれば胸声は低音になる,まるで肺がスピーカーの役割をするように声は奥深いようにも聞こえる。これこそが低音の美しさだ。地声で胸に響かせる技法をミドルボイスといい別名ミックスボイスとも言われる。

然し、ミックスと言う意味は大きく誤解を招く、ミックスと言う言葉の意味は「混ぜる」つまり混声合唱と思っている人は以外に多いとされる。

「ミドル」と言う言葉は意味はなぜ使われたのか?頭声で響かせる高音、腹に力を入れる低音その中間点の声質を「ミドルボイス」と言ったとされるが、ここでひとつも疑問が生まれる。「ハイトーンボイスを出したい人はまずミドルボイスから練習すればいいんじゃないか」とでもまず両者は発声方法はまったく違う、呼吸法は同じでも意識しないといけない部分が違う。ミドルボイスの場合、声の勢い(声量)を肺に留めて置かなければいけない。

留める事で音程、声質も変わっていく、肺で響かせることで奥行きがある声に変わるが使い分けるには時間を掛けボイストレーニングが必要となる。

地声が高くなる方法について

基本的に、男性の地声の高さはhic程度が限界と言われています。しかし、プロのボーカリストの中には、この音を地声で軽々超えてしまう方も多くいます。また、プロでなくても、それが出来てしまう方は多くいます。そうした方々は、どのような訓練をしているのでしょうか。

色々な方の体験を読んだり聞いたりしていると、方法は一つには決まってはいないようです。ただ、一つだけ言えることは、「ある程度の時間がかかる」ということです。

基本的に、ある日突然、何かのコツをつかんで一気に高音が出るようになった、ということはありません。たまにそうした体験談も読みますが、深くその人のしてきた練習をチェックすると、もともと相当な練習をしていて、全身の筋肉や声帯が鍛えられていたのです。ただ、少し間違った力の使い方をしていて、それを指摘されて直したらよくなった、ということです。そのため、決して「ある日突然」出来るようになったわけではありません。

地声で高音を出せるようになるには、目指すレベルにもよりますが、ある程度の時間がかかる、ということは意識しておくべきでしょう。

方法は人それぞれですが、腹筋だけに力を入れて、後はリラックスさせて歌えるようになると、高音が出やすいと言われています。

また、最高音を出す時、「イ」の発音で出したくなるものですが、「イ」の音は声帯が閉じてしまっているため、出来るだけこの癖も直した方がいいようです。高音が自慢の歌手の方がこうして歌っている場合も、半分は演出であり、声帯はしっかり開いている、ということが多いようです。

と、このように書いても、体がそのように動くまでは実感がわかないと思いますので、まずはある程度の時間がかかる覚悟を決めて、練習を重ねることです。

地声を高くする為に裏声をマスターする

私は子供のころから話し声が低く、自分の声にかなりコンプレックスを持っていました。
国語の授業では、教科書を皆でそろって音読するのに自分だけかなり低い音で読んでしまうのが恥ずかしくて小さな声になっていました。

体育の授業では、準備運動の掛け声がやはり皆より低く、ほとんど声を出すことはありませんでした。
もちろん音楽の授業ではすすんでアルトパートを歌っていました。

そんな私ですが、声楽を習い始めて自分が実はソプラノだったということに気付かされました。
もちろん声楽ですからベルカント唱法(裏声)で歌います。
ですから決して地声が高かったというわけではありません。
声楽を勉強始めてからしばらくたっても、話し声のトーンは前と同じく低いままでした。

しかし、あるときカラオケで音域のやや高めの歌を地声で歌ってみると、それまで出にくくて裏声になってしまっていた音も、楽に地声で張れるようになっていたのです。
地声を強化するような練習は一切していなかったので、突然出るようになった高音域に胸が高鳴りました。

今振り返って考えてみると、毎日行っていた裏声の発声練習が効果があったのではないかと思うのです。
その頃、練習を始める前よりも5度くらい音域が上へと広がっていたので、高い声を出すときに使う体のイメージやのどの形を自然に体が覚えていたのだと考えられます。
実際、地声と裏声とではのどの周りの筋肉の使い方は違いますが、体の使い方、呼吸の仕方はほぼ同じです。
ですから、地声で高い声を出したい方は、まず裏声で高い声のイメージをしっかりつかむ練習をしてみると、何かきっかけをつかむことができるのではないかと思います。

理論的には声帯を強く伸ばし、振動数を多くすれば高い声を出すことができます。
しかし、自分の声帯は声を出しているときに見ることはできませんから、どうやったら振動数を多くすることができるかなんてよくわかりません。
出したい音のイメージと出したい声のイメージをしっかり頭に思い描くことで、自然と体が筋肉が動くようになるのだと思います。

地声の音域を広げるにはリラックスが大事

シンガーに限らず、音域を広げたいと思っている人は多いと思います。しかしながら、地声で勢いとパワーだけで出そうとすると、喉を傷めてしまいます。今回は地声の音域を広げるために必要なことを記載していきたいと思います。

まず最も大切なことは、無駄な力が入っているとスムーズな流れが出来ません。ので、体をリラックスさせることが大事になります。よくお腹にグッと力を入れて!とか、丹田に力を込めてと言われますが、意識するのと力を入れるのとでは訳が違います。お腹に力を入れること自体が不自然な呼吸ではありますが、お腹に力を入れると肋骨のあたりに圧がかかり、肩にも大きな圧がかかるため、結果としてリラックスしている状態とは言えません。

また、意識するポイントは重心がかかりやすいポイントであるべきで、地面との接点である足は全ての人に共通するポイントですが、ひざやミゾオチに重心が集まりやすい人と、腰や肩に集まりやすい人とで、意識するポイントも変わってきます。

次に音域を広げるにあたり、伸ばしやすいのは高音になります。低音はそこまで伸びません。究極に高いものですと、ホイッスルボイスなどがありますが、習得すると6オクターブも夢ではありません。

プロになるには、地声で男性はhihiA(A5)、女性でhiE(E5)あたりは最低でも出ないと苦しいと言われていますが、もし出せる人は無駄な力を出来るだけ抜き、より小さな声で出せることを、出せない人は必ずどこかに無駄な力(喉など)が入っているので、それを見つけていくようにします。