最近歌っていて思うことがあるのです。喉は開けるように歌うことを注意すること。

これは、口は大きく分けることによって喉が開かれることがあります。

私は最近やっと高音も低音もはるかに出るようになりました。それは喉を開けるストレッチをしていたから。

それも横隔膜鍛えるという方法なのですがこれは誰にでもできることだと思います。やるかやらないかの違いだけかな?

歌っている時に声量がなかったりむせてしまったりする方は完全にのどが開いていません。

まずはそこから入らなければいけないところなのです。歌を歌っていくことについてはこの動作ができないとまず上達は見込めないと思います。

なのでコツコツとでいいので、頑張って鍛えていくといいと思います。

では喉は開けるようになったら次の段階はなんなんだろうということですが、それは音程をとること。

それとリズムやピッチにしっかりと乗ること。これが大事だと思います。

大体のバラード系の曲ですとそんなにも気にならないと思うのですがピッチの速い曲になってくると走り気味になってしまったり遅れしまったり、そのようなことが出てくると思います。

それを修復するために行うと良いのではないかなと思っています。リズムやピッチは最初わからないうちはメトロノームなどを使ってもいいと思います。

あとアプリなんかもありますね。そのようなものを利用してレッスンしていけば時期にうまくなると思いますよ。頑張りましょう。