平井堅さんの歌声は、とても優しくて心地の良い歌声ですよね。声を張り上げない歌い方や、フレーズの初めにエッジボイスを効かせた発声をするのが特徴的です。

そんな平井堅さんの歌い方は、一般的にボーカルの世界で「ミックスボイス」と言われるもので、このミックスボイスは腹式呼吸と胸式呼吸のちょうど間の息づかいで発声をしているのです。「ミックスボイス」の特徴として、裏声と地声の境い目がわかりにくくなったり、またたくさんの息を使いながら歌うことなどが挙げられます。

つまり、平井堅さんのような優しい歌い方を習得したければ、フレーズの初めはエッジボイスで発声することと、ミックスボイスを使って歌う練習をすることが大切です。まずエッジボイスですが、こちらはイメージとしては声にならない声です。

母音を発音するときに、「ア゛ア゛ア゛…」というように発声します。練習法としては、息を吐きながら「ア」と言います。このエッジボイスは、声帯をリラックスさせ、最小限のエネルギーで発声する練習にもなります。

さて、続いてミックスボイスですが、こちらはなかなか自身で感覚を習得しないと説明の難しい発声になります。言葉で表現するとしたら、「裏声を出しながら声帯を閉鎖し、その状態から喉を開く」ようにしたら、ミックスボイスを出すことができますが、言葉ではわかりにくいですね。

イメージとしては、裏声は頭の後ろに声を響かせる感覚ですが、ミックスボイスはその響きを前に持ってくるような感覚です。裏声は息漏れをさせて響かせますが、ミックスボイスは息漏れを少なくし芯のある音にするイメージです。練習する際は、リラックスをして喉に負担がかからないようにしてくださいね。

今までいなかった、平井堅のような歌い方

日本人離れしたルックスと、これまた今までの日本人男性歌手にいなかったソウルフルな歌唱で、
一躍人気者になった平井堅さん。特にバラードなどで、あの柔らかく深い声が非常に心に残ります。

その印象を裏付ける彼の歌い方の特徴に、エッジボイスを多用されてることがあげられると
思います。エッジボイスは、低音部の声帯の振動で『カラカラ』と鳴る声の出し方です。
これは、意識して出そうとしなくても、次の言葉に詰まった時など無意識に『え゛~っと・・・』と、
頭の『え』がエッジボイスになってたり、それほど難しい声の出し方ではないです。

ただ平井堅さんは、テクニックとして効果的に、入れるべき場所に入れています。
大きな古時計の出だしの『ぉ゛~お~きな』の、最初の『お』がそうです。

コントロール出来るようになるには、やはり練習が必要になってきます。
簡単な練習方法としては、ガラガラうがいを水なしでやってみると良いです。
喉の奥の方がカラカラ振動すると思います。

次に、あのマイルドで深みのある声ですが、基本的な発声がしっかりしているのは
前提として、吐く息のスピードが常にゆっくりのままだと言うことが言えると思います。
ロックやダンス調のポップスなど、アップテンポを歌う時はやや速めの息を使いますが、
テンポが速くてキーの高い曲に慣れてしまった現代の人は、この速い息使いが定着
してしまっているのかと思います。

意識して、吐く息はゆっくりなイメージ、中低音域はある程度出来ても高音は
非常に難しいです。
それが出来る平井堅さんは、あのマイルドな発声に信念を持って、どの音域でも
あの声になるよう、やはり相当な練習をした結果、そのまま彼の個性に
繋がったのかと思います。

また、喉は開いたまま決して地声っぽさは出しません。これもキープし続ける
のはなかなか難しいことです。ちょっと上を向いて歌う癖があるようですが、
恐らく喉に力が入らないよう彼なりにポスチャーを身につけたのでしょう。

新しいバラードのスタイルを確立した平井堅さん、これからも色々な
楽曲で彼の良さを聴いて見たいです。

歌手平井堅の発声方法について

平井堅といえば、ボーカルのトレーニングをしている人なら分かると思いますがミックスボイスを多用している歌手の中でも有名な人です。女性の歌手では、宇多田ヒカルさんがミックスボイスを多用します。

そもそも、ミックスボイスとは、地声(表声)と裏声の中間、で、地声のような響き方をする発声方法の一種です。裏声の時に息漏れがない事が前提となりますが、平井堅はハイトーンの時も声を張って唄う発声方法ではなく、ミックスボイスで多くの息を吐かずに微妙に調整しながら発声しています。

これは、チェストボイスといわれる地声(表声)では平井堅や宇多田ヒカルの唄っているハイトーンの音域は喉が疲れてしまったり、長く続かないのでカラオケなどでも唄い切れなくなってしまいます。本人達も同じですから、ミックスボイスを多用しています。

高い声の時に声を張らずに息の量をコントロールしながらミックスボイスを出しています。宇多田ヒカルの場合などは、若干、息が漏れているのでハスキーボイスになっているといわれていますが、上手く特徴として使っているといえます。平井堅の場合はどこまでがチェストボイスでどこからがミックスボイスやファルセットなのか分かりにくいといわれていますが、音域の広い楽曲が多く、ミックスボイスを使用しています。

ただ、これは発声法的にはミックスボイスと分類してみているだけであって、本人達にどこまでそのミックスボイスを使用しているかの意識があるかどうかは分かりません。

カラオケなどで、平井堅や宇多田ヒカルを上手に唄うにはこのミックスボイスの習得が必須になるのは間違いない事実です。

平井堅さんの発声を真似してみよう

日本で有名なシンガーソングライターである平井堅さんはまるで全て裏声で歌っているように聞こえますよね。そしてとても優しく語りかけるような歌い方で、聞いている方もとても心地良いですね。

歌い方の特徴として、フレーズに入るときにエッヂボイスという少しびりびりした音を入れていることや温かい声が挙げられます。口の開き方も、横にしっかりと開いていて、顔の表情筋も豊かに使われていることからも平井堅さんの声の表現力の素晴らしさを物語っていますね。

発声方法で言えば、ミドルボイスとミックスボイスを用いた発声のお手本とも言える歌手です。ミドルボイスは裏声と地声の間の声で、この発声ができるようになると地声と裏声の境目が消えるようになるので、平井堅さんのように全て裏声で歌っているように聞かせることができます。平井堅さんの歌声を目指している人は、この地声と裏声の境目で無理をして喉に大きな負担をかけている人も多いと思います。そうすると喉が潰れてしまうので注意してくださいね。

ミドルボイスは声帯の一部を閉じて発声するため歌う時に喉仏が上がってはいけません。高音域に上がるにつれて声量を小さくしなければいけません。そうすることで、裏声までスムーズに歌えるのです。

ミドルボイスは簡単には習得できませんが、何度も練習することで上手になります。喉を潰さないように、練習して平井堅さんのように歌えるようになりましょう。

平井堅さんの歌声

平井堅さんの発声法ですが、日本人離れしていて洋楽のアーティストに近い雰囲気があります。どちらかというと黒人歌手に近く、ゴスペルを歌ったら間違いなく鳥肌が立ちそうですよね。

おそらく彼は身長も高く顔の彫りも深いので、平たい顔で小柄な日本人よりも骨格に恵まれた体のつくりをしていることも一つの要因と考えられます。やはり体が大きいほど声の響きにも幅が出来るので
ガッチリ体系の人は得なのかもしれません。

また、彼は歌う時に特徴的な表情をしているのはわかりますか?鼻から目の辺りにかけてその部分に何かを集中させて歌っているように感じます。おそらく、鼻と目の部分に声を響かせるように
して歌っているからだと思います。そうすると、声帯への余計な力が抜けて、柔らかくそして深みのある歌声になるのです。喉には全く力が入っていないのがわかりますし、歌にとって重要な
鼻腔共鳴が出来ているのもわかります。低い声も印象的ですが、高音のミックスボイスも無理なくキレイに聞こえるのは、やはり正しい発声法が身についている証拠です。

もうひとつ、彼の特徴として、歌いだしによくエッジボイスを使っていることです。エッジボイスとは声帯を軽く振動させて少し唸るような感じで出す、声にならないような声の事です。
かすれた声にも近いですが、声帯へ悪影響のあるものではなく、むしろ声帯に優しい発声です。エッジボイスによって、歌への感情表現が加えられ、切なさ、苦しみ、悲しみなどを表す時は
エッジボイスを使う楽曲も多いです。