ボーカリストのトレーニングの中で、実はハミングはとても重要だということは知っていましたか?ハミングの練習によって声もきれいになるので、アナウンサーを目指している人や
お芝居を勉強中の人にも是非実践してもらいたいものです。

ハミングのやり方ですが、ハミングとは唇を閉じて歌うことです。唇は閉じていますが、口の中を大きく広げることを保ったまま、口腔とおでこに響かせるようにして歌います。

中低音はわりと歌い易いのですが、高音になればなるほど音が出づらくなります。最初は上手く出来なくても、毎日の発声練習の中にハミングの練習を出来るだけ長い時間取り入れると
高い音でも美しいハミングで歌うことが可能になります。

ハミングが上手に出来るようになると、喉に負担をかけない歌い方が自然と身に付くので、音声障害になって喉を壊すリスクも減りますし、ちょっと風邪をひいたとしても何の問題も
なくいつも通りに歌うことができるのです。

特に、声楽のレッスンを受けたことのある人はハミングも上手ですし喉に力を入れて歌っていないので、風邪で喉の調子が悪くても歌う時には関係ないのだと教えられています。声楽の先生から
ハミングでの発声練習をしなさいと言われていた生徒さんで、高音でもものすごくボリュームのある芯の通ったハミングが出来ているのを聞いたことがあります。

クラシック以外の手やお笑い芸人の方々で、声帯ポリープの手術をしたという話をよく聞きますよね。それは、ハミングの重要性を知らず、喉に負担をかける声の出し方を続けて
いるからそのようなことが起こりやすいのだと思います。